【Udemy】はじめてのSNS担当者 入門講座(SNSマーケティング)

Webカメラ(ロジクール)の色や明るさ、フリッカーを調整できる「Camera Setting」

この記事は【2020年4月10日】が最後の更新のため、記事の内容が古い可能性があります。最新の記事や関連記事をお探しの方は「サイト内検索」をしてみてください。

こんにちは。遠藤(@webmaster_note)です。MacのOSをCatalinaにアップグレードをしたら、今まで使っていたアプリで使えなくなったものがあります。

私は、Logicool(ロジクール)のWebカメラ「HD Pro Webcam C920」を使っています。映像の明るさやコントラスト、フリッカー(映像のチラつき)の調整をするのに「Webカメラ設定(Webcam Settings)」というアプリを使っていました。

この「Webカメラ設定」がOSのCatalinaでは使えなくなってしまいました。

ロジクールの公式!カメラ設定アプリ「Camera Setting」

「Webカメラ設定」が使えないと、色の調整ができません。なにより、映像にフリッカーがでてしまいます。

「Webカメラ設定」の代わりになるアプリを探したところ、ロジクールからWebカメラの設定アプリ「Camera Setting」がでていました。

ロジクールのCamera Setting

「Camera Setting」はフリッカーを抑える設定や、色の調整、ズームなどの設定をすることができます。

Camera Settingでフリッカーをなくす
Camera Settingで色を調整する
Camera Settingでズームをする

Camera Settingをダウンロードする

「Camera Setting」は、ロジクールのWEBサイト(C920のサポートページ)からダウンロードすることができます。

青いボタン(すべてのダウンロードを表示)をクリックすると、Windows、MacそれぞれのOSを選択が表示されます。

ロジクールC920の設定アプリをダウンロードする

Macの場合はMacOS10.14を選択して「今すぐダウンロード」をクリックすればOKです。OS Catalinaでも、ちゃんと動きます。

macのOS10.14版をダウンロードする

ダウンロードしたファイルを解凍して、アプリをインストールすれば完了です。

あとは、アプリを開いて、C920の映像を見ながら、映像の色や明るさを調整するだけです。フリッカーを消したいときは「アンチフリッカー」で60Hzか、50Hzを洗濯すれば、フリッカーが消えます。

Webカメラのフリッカーを消す