【ピックアップ】文章チェックに最適!校正・校閲、推敲ツールの「文賢」が超オススメ!

ノウハウを無料で公開することが集客につながる!「ゴルフレッスン動画」から読み解く!

ノウハウを無料で公開することが集客につながる!「ゴルフレッスン動画」から読み解く!

こんにちは。遠藤(@webmaster_note)です。今回は私の実体験とともに、教室やレッスンなど「人に教える」ことを仕事としている人のコンテンツマーケティングを紹介したいと思います。

私は、日頃から「目に見えないサービス(教える、アドバイスなど)」のビジネスでは、ノウハウを出し惜しみせずに、積極的に公開していくことを勧めています。

最近、ノウハウを出し惜しみせずに公開することが「有効である」と実感したことがあります。

私は、2018年の秋からゴルフを始めました。毎週、レッスンに通って、今年の春からは月に2回のペースでコースを回っています。

とにかくゴルフが面白くて、楽しくてどハマりしているのですが、YouTubeでゴルフレッスン動画があるのでは?と思って、検索をしてみたら、思っていた以上にたくさんのYouTubeチャンネルと、レッスン動画がありました。

遠藤

ゴルフ関連の仕事(Webマーケティング)があったら、ぜひお声がけください!

YouTubeのゴルフレッスン動画はノウハウの出し惜しみなし!

YouTubeのユーザーは、若者や子供と思っている人がいたら、すぐに認識を改めるべきです。それほどゴルフ関連動画はYouTubeで視聴されています。

私と同じレッスンを受けている60代の人からも「この動画参考になるよ」とYouTubeのゴルフレッスン動画を教えてもらうほどです。

日本プロゴルフ協会の2017年3月の調査によれば、60代がもっとも多く、ついで50代、40代となっています。

UUUMもゴルフ専門チャンネルを開設しており、動画の再生回数からも、どれだけニーズがあるかがわかるでしょう。

そして、ゴルフレッスンを仕事としているレッスンプロが公開している動画には、ノウハウの出し惜しみがほとんどないのです。

ゴルフをやっている人にしか伝わらないと思いますが、自分の課題(例:打った球が右に曲がって飛んでいってしまう)に対して、どこに原因があるのか、それをどう直したらいいのかが公開されています。

中途半端に「続きは個人レッスンで」などと、出し惜しみをしている動画はありません。

コースの回り方をレッスンしている動画(ラウンドレッスン動画)は、とても参考になりますし、ラウンドレッスンをお願いしたくなります。

悩みの解決策を公開して集客につなげる

ノウハウを最後まで解説してくれているので、YouTubeで公開されている動画を参考にして、練習場で練習をすることができます。

動画を参考に、スイング(クラブを振る)を直すことができた。課題を解決できたという人もいるでしょう。

ここまで聞いて、レッスンや教室を開いている人の中には「そんなにノウハウを公開したら商売上がったりになるのでは?」と心配になる人もいるでしょう。

その心配は逆だと私は考えます。というのも「三觜喜一MITSUHASHI TV」の三觜プロは、レッスンの予約が取れないほどの人気になっているようです。

なぜ無料公開しても集客できるのか?

なぜ、集客につながっているのでしょうか?まず、ゴルフはYouTubeのレッスン動画をみただけで改善できるほど単純なものではありません。

同じ課題であっても、人それぞれに原因が異なります。人によっては、クラブの握り方に原因があったり、人によっては、スイングに原因があったりと様々です。

そのため、動画の内容が、自分に当てはまるとは限りません。やってみたけど、うまくいかなかったということが十分にあり得ます。

レッスン動画の中には、実際にアマチュアの人にレッスンをしている動画もあります。それらの動画と、ノウハウ動画で公開されている内容に「なるほど。」と納得をすると、それは信頼につながります。

遠藤

内容がわかりやすい。声が聞きやすい。説明が丁寧。など信頼につながる要素はいろいろあります。

そうなると「参考にした動画を公開しているプロに、自分の課題も解決してもらいたい」となります。

さきほどの日本プロゴルフ協会の2017年3月の調査によれば「ゴルファーの70%以上(551万人)が『スクール未経験者』」となっています。

スクール経験の有無

出典元:「ゴルファーライフスタイル調査」報告書(サマリー版) – 日本プロゴルフ協会

また、スクール未経験者のうち、226万人(約40%)が「スクールに通って、1からスイングを組み立て直したい」と回答しています。この226万人は、キッカケさえあれば、レッスンを受けたいと思っているわけです。

YouTubeでノウハウを公開することは、レッスンに通うキッカケとして十分に機能しているでしょう。むしろ、これほど最適なキッカケはないとすら思えます。

スクール未経験者の「ホンネ」

出典元:「ゴルファーライフスタイル調査」報告書(サマリー版) – 日本プロゴルフ協会

私も、YouTubeで参考になった動画を公開しているレッスンプロのレッスンを受けてみたいと、よく思っています。(私の場合は、すでにレッスンに通っているので、そこで解消しています)

仮に私がレッスンを受けていなければ、YouTubeの動画をみてレッスンに予約をしているでしょう。

それぞれに課題の原因と解決策は異なる

ゴルフに限らず、悩みや課題は、不特定多数に向かって公開されているノウハウで解決できるとは限りません。むしろ解決できることのほうが少ないでしょう。

もちろん解決できることもありますが、多くの場合、一人一人、問題や課題の原因は異なりますつまり、一人一人に合った解決策が必要になるわけです。

一人一人に合った解決策。一人一人にカスタマイズされた解決策を得るには、個別に相談をするしかありません。こうして、依頼につながるわけです。

誰かが公開しているノウハウを隠していても意味がない

特許を取っているのなら別ですが、あなたが出し惜しみをしているノウハウは無料で公開したら集客に悪影響をおよぼすようなノウハウでしょうか?

そのノウハウを、他の誰かがすでに無料で公開しているのなら、それを出し惜しみしている時点で、かなり出遅れています。

ノウハウを公開すればするほど、この人に相談をしたいこの人に質問をしたい。という人が増えます。

逆に、ノウハウを公開していないところは信頼を得るのが難しくなるでしょう。全てを公開せずに中途半端に公開すれば、不満を持たれてしまうでしょう。

今の時代、インターネットには、あらゆる情報がたくさんあります。そして、それらの情報を簡単に得ることができます。そんな時代に、ノウハウという情報を公開していないことは、それだけで、あなたの集客を妨げているかもしれません。