【ピックアップ】文章チェックに最適!校正・校閲、推敲ツールの「文賢」が超オススメ!

Facebookが、より重要な投稿をニュースフィードに流すようアルゴリズムを更新!

Facebookが、より重要な投稿をニュースフィードに流すようアルゴリズムを更新!

こんにちは。遠藤(@webmaster_note)です。Facebookページの投稿が簡単にはリーチできなくなって、苦労をしているSNS担当者の方も多いと思います。

2019年5月16日にFacebookがニュースフィードのアルゴリズムをアップデートしたと発表しました。

今回は、どんなアップデートがあったのでしょうか?

Facebookでの体験の質が重要!

Facebookのニュースフィードは、Facebookユーザー1人1人にとって、関連性の高い投稿を表示しています。

すでにFacebookが発表している通り、今後もFacebookユーザーが、どれだけFacebookで時間を費やすかよりも、その費やす時間の質が重要であると改めて明記されています。

it’s not about the amount of time someone spends on Facebook, but rather the quality of time spent. That means making sure people see what they want to see – whether that’s posts from family and friends or news articles and videos from Pages they follow.

Using Surveys to Make News Feed More Personal | Facebook Newsroom

より関わりの強い友達の投稿が優先される

今回のアルゴリズムの更新では、次の2点が加えられたようです。

  • もっとも重要な(より親密な)友達の投稿の評価を上げる
  • ユーザーにとって重要なリンクの評価を上げる

Today, we are announcing two ranking updates based on surveys we’ve conducted: one prioritizes the friends someone might want to hear from most and the other prioritizes the links a person might consider most worthwhile.

Using Surveys to Make News Feed More Personal | Facebook Newsroom

1つ目の「もっとも重要な友達の投稿の評価を上げる」は、特定の友達とのやりとりの頻度や、共通の友達の数、同じ写真にお互いがタグ付けされている、同じ投稿にお互いがコメントをしている、同じ場所にチェックインしているなどが判断基準になるようです。

2つ目の「ユーザーにとって重要なリンクの評価を上げる」は、Facebookはアンケートを通じて「どんな投稿がFacebookで費やす時間の質を高めるか」を調査しており、その結果をもとに、どんなリンクが、ユーザーにとって価値があるかを判断しているとのことです。

Last month we explained that as a part of our continued effort to show people relevant posts, we were surveying people to ask what posts they thought were worth their time. Based on these surveys, we are updating News Feed to show people links we predict they will find worthwhile.

Using Surveys to Make News Feed More Personal | Facebook Newsroom

Facebookページが有意義であるかどうか

Facebookは5月16日の発表後、5月31日に追加で記事を更新しました。

個人アカウントと同じく、FacebookページやFacebookグループも、どれだけFacebookユーザーにとって有意義な時間を提供しているのかが問われるようです。

更新された内容によると、Facebookユーザーへのアンケートをもとに、より関心の高いFacebookページやFacebookグループの投稿を優先してニュースフィードに表示するようにアルゴリズムを更新したとのことです。

この「関心が高い」かどうかを判断する基準には以下の3点が、新たに加えられたようです。

  • フォローしてからの期間
  • どれぐらいの頻度でエンゲージがあるか
  • どれぐらいの頻度でFacebookページが投稿をしているか

今まで通りに「ユーザーと親密になる」ことが大事

Facebookページだから、Facebookグループだからリーチしないのではなく、個人の投稿であっても、ユーザーにとって、関連性が高い投稿、そしてFacebookで費やす時間の質が高い投稿がニュースフィードで、より高い評価を得るということのようです。

そう考えれば、Facebookページよりも、友達の方が関連性や親密度は高くなりやすく、友達の投稿が表示されることが多いという結果になっているのも、うなずけますね。

今回のアップデートによって、何かかが大きく変わったというよりも、これまで通り「ユーザー、1人1とのエンゲージ(そのユーザーからの、いいねやコメントなどの数)」を高める

そして、Facebookでのユーザー体験の質を高めるような投稿が求められるということでしょう。