【ピックアップ】文章チェックに最適!校正・校閲、推敲ツールの「文賢」が超オススメ!

Contact Form 7の問い合わせフォームからスパム(迷惑)メールが来るときの対処法【WordPress】

こんにちは。遠藤(@webmaster_note)です。最近、WordPressを使っているWebサイトの問い合わせフォームから、スパムメールが頻繁に届くようになりました。

WordPressを使っているので、スパム対策には「Jetpack」(プラグイン)の「Akismet」を使うだけだったので、スパムメールが来ても仕方ないのですが、さすがにウザったくなってきたので別の対策をとりました。

WordPressの問い合わせフォームプラグイン「Contact Form 7」でスパムメール対策をする方法を紹介します。

Contact Form 7でreCAPTCHAを設定してスパム対策

Contact Form 7を使っている問い合わせフォームのスパム対策は「reCAPTCHA(リキャプチャ)」を使います。Contact Form 7の設定画面で「reCAPTCHA」が記載されているので、ご存知の人も多いでしょう。

Contact Form 7のreCAPTCHAの記載

reCAPTCHAとは

reCAPTCHAとは、Googleが提供している認証システムです。問い合わせフォームや、WebサイトやWebサービスへのログインなど、Webサイトへのアクセが人によるものか、ロボットによるものか区別して、スパムから守ってくれます。

Webサイトで「私はロボットではありません」にチェックを入れる表示を見たことがあると思います。あれがreCAPTCHA(reCAPTCHA: Easy on Humans, Hard on Bots)です。

ReCAPTCHA

現在、reCAPTCHAの最新バージョンはreCAPTCHA v3です。

それぞれのバージョンで、認証方法が異なります。v1は、荒く表示されている英数字を入力して認証。v2では「私はロボットではありません」にチェックを入れて、その後に画像を選択(例:車の画像をすべてて選択する)して認証していました。

vと1v2では、アクセスする人に入力の手間が発生していました。ですが、最新バージョンのv3では、バックグラウンドで自動認証をしてくれるので、アクセスする人はなにもする必要がありません。

Contact Form 7ではreCAPTCHA v3のAPIが使われている

Contact Form 7 5.1以降は、reCAPTCHA v3のAPIが使われています。v2のAPIとは異なるので、Contact Form 7 5.1以前からreCAPTCHAを使っている場合は、改めてv3で設定をする必要があります。

The latest version of the reCAPTCHA API is v3. Contact Form 7 5.1 and later uses this reCAPTCHA v3 API. reCAPTCHA v3 works in the background so users don’t need to read blurred text in an image or even tick the “I’m not a robot” checkbox.

reCAPTCHA (v3) | Contact Form 7

Contact Form 7でreCAPTCHAを設定する手順

それでは、Contact Form 7でreCAPTCHA v3を設定する手順です。

MEMO

最初に紹介する方法で設定をするとWebサイト内の全てのページで「reCAPTCHAのマーク」が表示されてしまいます。

問い合わせフォーム以外ではマークを人は「問い合わせフォームでだけreCAPTCHAのマークを表示させる方法」を読んでください。

問い合わせフォームでだけreCAPTCHAのマークを表示させる方法

まずは、WordPressの管理画面から、Contact Form 7の「インテグレーション」を開きます。次に「インテグレーションをセットアップ」をクリックします。

Contact Form 7の「インテグレーション」を開く

インテグレーションの設定画面が開くので、右上に表示されているgoogle.com/recaptchaをクリックをして、reCAPTCHAにWebサイトの登録手続きをします。

google.com/recaptchaをクリックする

Google reCAPTCHAのページが表示されます。ログインがされないときはGoogleアカウントでログインをしましょう。

初めて利用する場合は、直接、下のようなWebサイト登録のページが表示されます。各項目を入力していきましょう。

Google reCAPTCHAでwebサイトを登録する

「ラベル」は任意の名前を入力します。「reCAPTCHA タイプ」はv3にチェックをいれます。

「ドメイン」は、登録するWebサイト(reCAPTCHAを導入するWebサイト)のURLを入力します。URLはhttp:やhttpsは必要ありません。

「reCAPTCHA 利用条件に同意する」にチェックを入れたら「送信」をクリックします。

Google reCAPTCHAでwebサイトを登録する入力例

Webサイトの登録完了画面が表示されて「サイトキー」と「シークレットキー」が表示されます。この2つをメモなどにコピペしておきましょう。

Webサイトの登録完了画面

「サイトキー」と「シークレットキー」をWordPressの「インテグレーションをセットアップ」に戻って入力します。

「サイトキー」と「シークレットキー」を入力する

「変更を保存」をクリックして完了です。

reCAPTCHAの設定完了

正常にreCAPTCHAの設定ができていれば、Webサイトを開くと、画面右下にreCAPTCHAのマークが表示されます。マークにカーソル(マウスポインタ―)をのせると「reCAPTCHA で保護されています」と表示されます

reCAPTCHAのマークが表示される
MEMO

Contact Form 7でreCAPTCHAを設定すると、Webサイト内の全てのページでreCAPTCHAのマークが表示されます。

問い合わせフォームでだけreCAPTCHAのマークを表示させる方法

問い合わせフォーム以外のページで、reCAPTCHAのマークを非表示にしたいときは「Invisible reCaptcha for WordPress(プラグイン)」を使って設定することができます。

Invisible reCaptcha for WordPress
MEMO

Invisible reCaptcha for WordPressを使う場合は、「Contact Form 7」でキーを削除する必要があります。

Contact Form 7でreCaptchaを設定している場合は「キーの削除」をしてください。

Contact Form 7でreCaptchaの「キーの削除」する

WordPressのプラグインから「新規追加」で「Invisible reCaptcha for WordPress」をインストールして有効化をしましょう。

有効化ができたら、「設定」から「Invisible reCaptcha」を選択します。

設定画面が表示されます。英語ですが、簡単に設定できます。まずは先ほどのreCAPTCHAの「サイトキー」と「シークレットキー」を入力します。他の項目は初期のままで大丈夫です。入力が済んだら「変更を保存」をクリックします。

Invisible reCaptchaの設定

次に「WordPress」をクリックして、必要な項目にチェックを入れて「変更を保存」をクリックしましょう。項目の内容は上から、以下の4つです。

  • ログイン画面の保護を有効にする
  • 登録フォームの保護を有効にする
  • コメント欄の保護を有効にする
  • パスワードを忘れたときのフォームの保護を有効にする
reCaptchaを有効にする対象を選ぶ

最後に「Contact Forms」をクリックします。ここで「Enable Protection for Contact Form 7」にチェックをいれて「変更を保存」をクリックして作業は完了です。

Enable Protection for Contact Form 7にチェックを入れる

これで「問い合わせフォーム」以外のページでは「reCAPTCHAのマーク」が表示がなくなっているはずです。