動画で学ぶ【SEO対策 入門講座】Google検索で上位表示するための基礎コース|Udemy

Apple Watchの買い替えたときに「Suica」を移行する方法

Apple Watchの買い替えたときに「Suica」を移行する方法

こんにちは。遠藤(@Satoshi_Endo_jp)です。PayPayのキャンペーンを利用して、Apple Watchのseries 2からseries 4に買い替えました。

初めてApple Watchを買い換えたのですが、もろもろの移行は、さすがApple!とてもスムーズにいきました。

ところが「Suica」だけは、うまく移行できず、ちょっと手間取ったので、Apple Watchの買い換えなどで「Suica」を移行するときの一連の流れを残しておこうと思います。

Apple Watchで「Suica」を移行する流れ

まず「Suica」を移行する流れです。iPhoneと新たに使い始めるApple Watchの同期をしても「Wallet」は新たに設定をする必要があります。クレジットカードの同期は簡単にできるのですが「Suica」は、同期するのにちょっと手間がかかります。

  1. 今まで使っていたApple Watchから「Suica」を削除する
  2. 24時間ほど待つ
  3. 新たに使い始めるApple Watchで「Suica」を登録する

つまり、新しく使い始めるApple Watchに「Suica」を同期すると、以前使っていたApple Watchでは、同じSuicaを利用することができません

また、移行手続きを始めてから、移行が完了するまで、iPhoneでもApple Watchでも「Suica」が使えない時間が生じます。1〜2日ほどSuicaが使えなくても困らないときに移行することをお勧めします。

Apple Watchで「Suica」を移行する手順

それでは「Suica」を移行する手順です。

これまで使っていたApple WatchからSuicaを削除する

iPhoneでwatchを起動する

次に「マイウォッチ」で、今まで使っていたApple Watchが表示されていることを確認します。この時に、新しく使い始めるApple Watchが表示されているときは、表示されているApple Watchをタップすると、切り替えることができます。

設定するapple watchを選択する

設定をするApple Watchの確認をしたら、最初の画面を下の方にスクロールして「WalletとApple Pay」を開きます。

WalletとApple Payを開く

Walletに登録されているカードが一覧表示されるので「Suica」をタップします。

Suicaを選択する

Suicaの情報が表示されます。画面を下にスクロールして「カードを削除」をタップします。

WalletとApple Payでsuicaを開く WalletとApple Payでsuicaを削除する

カードを削除すると聞くと、カードが使えなくなってしまうと思われるかもしれませんが、Suicaのカードが消えるわけではなく、Walletから登録を外すだけなので安心してください。

WalletとApple Payでsuicaを削除する2

「Suica」を削除すると「WalletとApple Pay」の画面から「Suica」の表示がなくなります。

WalletとApple Payの画面からsuicaが削除される

これで「1:Apple Watchから「Suica」を削除する」は完了です。

ちなみにiPhoneのSuicaのアプリを開くと「WalletとApple Pay」と同様に「Suica」が消えています。

suicaアプリからsuicaがなくなる

移行作業が完了すれば、もとに戻るので、慌てずに次に進んでください。

新たにSuicaが登録できるまで24時間ほど待つ

すぐに新たに使い始めるApple Watchに「Suica」を登録したいところですが「Suica」は不正を防ぐために、ある程度の時間が経たないと再登録できないようになっています。

「Wallet」などで「Suica」を再登録(カードの追加)しようとすると「このカードが追加できません。24時間以内に追加可能になります。」という表示がでます。

このカードが追加できません。24時間以内に追加可能になります。

もちろん、Apple Watchで削除したSuicaとは、別のSuicaを追加することはできます

というわけで、削除したSuicaが使えるようになるまで、待ちましょう。私の場合は、夜に削除をして、翌朝には使えるようになっていました。

新たに使い始めるApple WatchにSuicaを追加する

削除したSuicaが使えるようになっているかどうかは、カードの追加画面で確認するのですが、一応、最初から再度「Suicaを追加」手順を書いておきます。

まずは、Suicaを削除した時と同様に、iPhoneの「Watch」アプリを開きます。間違えて、今まで使っていたApple Watchに再追加してしまわないように、マイウォッチで、新たに使い始めるApple Watchになっていることを確認しましょう。

Apple Watchを腕につけてロックを外すと、そのApple Watchが自動でマイウォッチが設定されるはずです。

AppleWatchのマイウォッチを確認する

次に「WalletとApple Pay」を開いて「カードを追加」をタップします。

「WalletとApple Pay」を開いて「カードを追加」をタップ

Apple Payの画面が表示されるので「続ける」をタップします。

ApplePayの設定画面

「カードの種類」の画面で「Suica」をタップします。

「カードの種類」の画面で「Suica」をタップ

先ほど削除したSuicaが表示されます(使えるようになっていれば)。画面右上に「次へ」をタップします。

Suicaを追加する

「カードの追加中」となるので、数秒待ちましょう。

Walletにカードの追加中

「エクスプレスカードに設定完了」の表示になれば、Suicaの移行が完了です。

エクスプレスカードに設定完了

カードの追加直後は「WalletとApple Pay」で「アクティベート中」となっていますが、数分もすれば、Suicaにチャージされている金額が表示されて、使えるようになります。

「WalletとApple Pay」で「アクティベート中」

Suicaの追加が完了すれば、iPhoneのSuicaアプリやWalletにもSuicaが表示されて、今まで通りに利用することができます。

iPhoneのSuicaアプリ

移行に、ちょっとの手間と時間が必要

以上、Apple Watchの買い替えで、新しいApple Watchに「Suica」を移行する方法でした。

ところどころで、知らないと不安になるところがありますよね。知らないと移行するのは難しいかと思います。でも、やり方さえわかれば、不安も難しさもなくなります。

Suicaを移行するときは、この記事を参考にしていただけたら嬉しいです。