fbpx
【PR】簡単にインフォグラフィックが作れる「venngage(ヴァンゲージ)」が便利すぎた!【YouTube】

Pinterestのピンやボードをブログに貼り付ける方法【ウィジェットの作り方】

Pinterestのピンやボードをブログに貼り付ける方法【ウィジェットの作り方】

Pinterest(ピンタレスト)が面白いなーとマイブームになっている遠藤(@webmaster_note)です。

昨日の「Web担当者にオススメのPinterest活用術!Webデザイナーとのイメージ共有に最適!」のなかで、Pinterestのボードやプロフィールを貼り付けたのですが「どうやって貼り付けてるの?」と質問があったので、ピンやボードの貼り付け方を紹介します。

ピンタレストのウィジェット

FacebookやTwitter、YouTubeの投稿を貼り付けるのと同じようにPinterestでも、ピンした写真やボード、プロフィール、フォローボタンをWebサイトやブログに貼り付けることができます。

貼り付けるには、Pinterestの「Widget builder(ウィジェット ビルダー)」で、各ウィジェットを作ることができます。

ピンのウィジェット

ピンをした特定の写真や画像を貼り付けることができます。サイズはSmall、Medium、Largeの3種類から選べます。

ボードのウィジェット

ボードを貼り付けることができます。種類はSquare(四角)、Sidebar(縦長)、Header(横長)、Create your Own(任意のサイズ)の4種類があります。

プロフィールのウィジェット

ピンタレストのアカウントを貼り付けることができます。ピンした写真や画像が新規順に表示されます。種類はSquare(四角)、Sidebar(縦長)、Header(横長)、Create your Own(任意のサイズ)の4種類があります。

ピンタレストのピンの埋め込みコードを取得する

Pinterestにピンした写真や画像を貼り付けるには、貼り付けたいピンの「埋め込む」をクリックします。

ピンの埋め込みコードの取得方法

Widget builderの画面が表示されるので、ウィジェットサイズ(SmallやMediumなど)を選びます。下にプレビューが表示されるので、確認しながら設定をしましょう。

ピンの埋め込みコードの取得方法2

設定が終わったら、画面下にあるコードをコピーして、Webサイトやブログのピンを表示したい箇所に貼りつけましょう。

Pinterestのウィジェットを表示するには</body>の前にjsコード(ウィジェットコードの下に表示されているもの)を貼り付ける必要があります。

ピンタレストのボードの埋め込みコードを取得する

ボードを貼り付けるには、ボードの画面から「ウィジェットを作成」をクリックします。

ピンタレストのボードの埋め込みコードの取得方法

Widget builderの画面が表示されます。あとの手順は「ピンの貼り付けコードの取得方法」と同じです。

ピンタレストのボードの埋め込みコードの取得方法2

ピンタレストのフォローボタンを設置する

ウィジェットを使えば、Pintrestのアカウントをフォローする「フォローボタン」をWebサイトに設置することもできます。

遠藤聡のピンタレストをフォローする

Widget builderの中から「Follow」を選びます。

PinterestのアカウントURL(例:https://www.pinterest.jp/satoshiendo/)を入力するだけで、フォローボタンのコードが作成されます。

「Full name」に任意のテキストを入れれば、フォローボタンに表示される文言を変更することもできます。

ピンタレストのフォローボタンを設置する

ピンタレストのピンボタンを設置する

Webサイトに「ピン(保存)ボタン」を設置することもできます。

Widget builderの中から「Save Button」を選びます。

ピンタレストのピンボタンを設置する

「Button type」で「Any Image(そのWebページにある画像からピンするものを選ぶ)」「One Image(ボタンで指定した特定の画像をピンする)」「Image Hover(画像にマウスオーバーすると「ピンボタン」が表示される)」から、ウィジェットの種類を選びます。

「Language」で、ボタンに表示する「テキスト(保存)」の言語を指定します。

設定が終わったら、コードをWebサイトに貼り付ければOKです。

Pinterestも面白い

なんでもかんでも設置すればいいということではありませんが、Pinterestを活用していく場合には、ウィジェットも、いろいろ使えそうですね。

Instagramとの一番の違いは、ピンした写真や画像にURL(リンク)が貼れることですね。ECサイトのオウンドメディアでピンを貼り付けるのは良さそう。