WEBマスターの手帳 > Facebookページの投稿が表示されない!ニュースフィードのアルゴリズムが変更に【独自考察あり】

Facebookページの投稿が表示されない!ニュースフィードのアルゴリズムが変更に【独自考察あり】

Facebookページの投稿が表示されない!ニュースフィードのアルゴリズムが変更に

Facebookがニュースフードに表示される投稿のアルゴリズムの変更を発表しましたね。

今後は、今まで以上に「友達」の投稿を優先的にニュースフィードに表示していくようです。かなり厳しい環境でのFacebookページ運営になっていきそうです。



個人間の交流をより重視する

With this update, we will also prioritize posts that spark conversations and meaningful interactions between people. To do this, we will predict which posts you might want to interact with your friends about, and show these posts higher in feed.
出典元:News Feed FYI: Bringing People Closer Together | Facebook Newsroom

コメントやシェアをするなどの「交流」につながる投稿(友達の)の優先度を上げていくとのことです。

Facebookページの投稿は追いやられる

Because space in News Feed is limited, showing more posts from friends and family and updates that spark conversation means we’ll show less public content, including videos and other posts from publishers or businesses.
出典元:News Feed FYI: Bringing People Closer Together | Facebook Newsroom

ニュースフィードの表示スペースには限りがあるので、Facebookページの投稿が少なくなると明言しています。

また、Facebookページとフォロワーの交流の有無よりも、Facebookユーザー間の交流につながる投稿がないFacebookページの表示(リーチ数)が少なくなるようです。

As we make these updates, Pages may see their reach, video watch time and referral traffic decrease. The impact will vary from Page to Page, driven by factors including the type of content they produce and how people interact with it. Pages making posts that people generally don’t react to or comment on could see the biggest decreases in distribution.
出典元:News Feed FYI: Bringing People Closer Together | Facebook Newsroom

「biggest decreases」という最大の減少という言葉が使われているのがポイントです。すでにFacebookページの投稿が、数年前よりも、届きにくくなっている現状よりも、さらに表示されないとなると、終了宣言を受けるFacebookページが多くなりそうです。

友達との交流を生むFacebookページは生き残る?

Pages whose posts prompt conversations between friends will see less of an effect.
出典元:News Feed FYI: Bringing People Closer Together | Facebook Newsroom

全てのFacebookページが一律にアルゴリズム変更の影響を受けるわけではなさそうですね。Facebookで友達同士の交流を生む(会話のネタになる)投稿をしているFacebookページは、今回のアップデートの影響が少ないようです。

Page posts that generate conversation between people will show higher in News Feed. For example, live videos often lead to discussion among viewers on Facebook – in fact, live videos on average get six times as many interactions as regular videos. Many creators who post videos on Facebook prompt discussion among their followers, as do posts from celebrities.
出典元:News Feed FYI: Bringing People Closer Together | Facebook Newsroom

Facebookのユーザー(個人アカウント)同士の交流を生む投稿(コンテンツ)は、今後もニュースフィードで表示されるようです。

とくにFacebookライブについては通常の動画よりも6倍の効果があるとして、評価をしているようです。

なんにしても「Facebookページとフォロワーの交流」ではなく「Facebookユーザー(個人アカウント)同士の交流」が重要であるということです。

つまり、Facebookページは、よりメディア化をして、会話のネタを提供しなければ生き残れなくなったわけですね。

マーク・ザッカーバーグの投稿

FacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグの投稿でも、同じようにFacebookページに対して厳しい状況になることが書かれています。

I’m changing the goal I give our product teams from focusing on helping you find relevant content to helping you have more meaningful social interactions.

Facebookは関連性のあるコンテンツとの出会いよりも、交流を重視することに大きくシフトチェンジをしているということですね。

Facebookページでは「会話のネタ」になる投稿を

ここまでみてきたことで、わかるようにFacebookは、あきらかに「ユーザー間の交流」を最重要としています。つまり、どれだけ会話が行われるかどうかです。

今後のFacebookページ運営においては、Facebookユーザーの交流(会話)につながる(促す)投稿をしていくことが必要になります。

その投稿が、どれだけの会話を生んだのか(会話のネタになったのか)という視点をもってコンテンツを作っていくのは、今まで以上に難しさが増したと言えます。

中小企業がFacebookページを活用するハードルが数段上がり、茨の道を進むことになりそうですね。

ユーザーとしての対処法

Facebookユーザーとして、自分の好きなFacebookページの投稿が表示されなくなるのは嫌だ!という場合もありますよね。

そんなときは、自分の好きなFacebookページの投稿を優先的に表示するように設定をしておきましょう。

投稿を表示させたいFacebookページの「フォローする」から「ニュースフィード」の項目で「トップに表示」を選びます。

Facebookページの投稿をニュースフィードのトップに表示させる
スマホでFacebookページの投稿をニュースフィードのトップに表示させる

この設定にしておくことで、そのFacebookページの投稿がニュースフィードのトップ(上部)に表示されるようになります。

Facebookページの投稿をニュースフィードのトップに表示

ちなみに、多くのFacebookページで、この設定をやるとニュースフィードがFacebookページの投稿で埋まります(笑)。その結果、私にとって、Facebookはニュースアプリとなり、友達の投稿を目にすることは、かなり少なくなりました。それに不満はないので、個人的な問題はありません。

というわけで、WEBマスターの手帳のFacebookページも「トップに表示」に設定してねー。

関連用語: ,

この記事をシェアして頂けると嬉しいです


【オンライン講座】会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

企業が集客や売り上げUPに役立つためのFacebook、Twitter、Instagram、YouTube、企業ブログなどSNS(ソーシャルメディア)を活用するために必要や知識や理解を徹底解説!

企業ブログ(オウンドメディア)の重点解説も付いているので、SNS活用の初心者だけでなく、ビジネスでブログを活用したい!という方にもオススメの講座です!

あなたにオススメする記事

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事を書いた人

遠藤 聡

中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を承っております。
無料のメール相談も受け付けております。詳細は無料メール相談ページをご覧ください。

コメント

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事

寄稿記事

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座