WEBマスターの手帳 > コンテンツマーケティング > 動画マーケティング > ついに来た!動画の終了画面向けYouTubeの新アノテーション「終了画面」

動画マーケティング

2016年10月28日

ついに来た!動画の終了画面向けYouTubeの新アノテーション「終了画面」

YouTube
Twitter 6 Facebook 11 Google+1 はてブ 1 Pocket チャットワーク Eight Feedly

2016年7月に「【最新情報】YouTubeの動画に動画や画像付きのアノテーションが導入されるらしい! | WEBマスターの手帳」で紹介したYouTubeの新しいアノテーションが、いよいよ一般公開になったようです。

動画の最後に他の動画を紹介したり、チャンネル登録のアプローチなどが、とても手軽にできるようになりました。

スポンサードリンク

動画の終了画面にリッチなアノテーションを加えよう!

YouTubeの終了画面

新たに追加されたアノテーションは、これまでのアノテーションとは全く違うものです。動画の終了部分(5~20秒)に別の動画を表示させたり、アイコンとともにチャンネル登録ボタンを表示させたりすることができます。

YouTubeの終了画面で追加できるもの

ネーミングも「終了画面」となっていることからも分かるように、動画の最後にしか設置することができません。

動画の編集画面で「終了画面」を選択すると、YouTubeが自動で動画の終わりを判断して、終了画面を挿入できる部分が示されます。

表示方法はアノテーションと比べてかなり進化しています。パソコンで動画を視聴している場合はカーソルを合わせる、モバイル端末で視聴している場合はタップすることで要素が展開されて詳細情報が表示されます。

終了画面で追加できるもの

「終了画面」で追加できるものは4つあります。

  • 動画または再生リスト
  • チャンネル登録
  • 承認済みウェブサイト
  • チャンネル

これまでのアノテーションと大きく違うものは「動画と再生リスト」です。アノテーションでも「動画」「再生リスト」へのリンクを貼ることができましたが、「終了画面」では「視聴者に適したコンテンツ」という項目が追加されています。

視聴者に適したコンテンツ

「視聴者に適したコンテンツ」は表示枠だけ設置しておけば、YouTubeが自動で視聴者に合わせて、表示する動画を選んでくれるという優れものです。

承認済みのウェブサイトへのリンクもリッチな表示に

アノテーションでも承認済みウェブサイトへのリンクを貼ることができましたが「終了画面」では、サムネイル画像も表示させることができます。

資料ダウンロードやメールマガジンへの導線をより目立たせることができそうです。

終了画面の表示条件

またアノテーションはスマートフォンなどモバイルでは表示されませんが、「終了画面」はモバイルアプリでも表示されます!

  • パソコンで YouTube.com を使用する
  • Android 向け YouTube アプリのバージョン 11.04 以降
  • iOS 9: YouTube アプリのバージョン 11.03 以降
  • iOS 8: YouTube アプリのバージョン 11.09 以降
  • iPad 端末でモバイルウェブを使用
  • YouTube Music、YouTube Kids、YouTube TV アプリは対応していません
  • 現在 Flash には対応していません

引用元:動画に終了画面を追加する – YouTube ヘルプ

1つの動画内でアノテーションと終了画面を両方使うことはできない

1つの動画内でアノテーションと終了画面を両方使うことはできない

「終了画面」はアノテーションとともに表示することができません。動画の終わりだけでなく、動画内でアノテーションを使っている場合は「終了画面」を使うことはできません。

またカード、注目コンテンツ、ロゴの透かしは、終了画面が表示されている間は非表示になります。

YouTubeが勧める終了画面の作り方

YouTubeは「終了画面を作成する際のおすすめの方法」として以下のポイントを挙げています。

  • 動画との関連性がある要素を表示しましょう。
  • 行動を促すフレーズを使って、視聴者に終了画面のいろいろな要素をクリックするよう促しましょう。
  • 動画の最後に終了画面を表示するためのスペースと時間を設けるようにしましょう。動画を編集するときに、最後の20秒を使えるよう配慮してください。
  • 終了画面の複数の要素がそれぞれ異なるタイミングで表示されるようにしましょう。

今後は動画を作成する際に、動画の終わりに20秒の「終了画面」を設置するようのスペースを用意するのが良さそうですね。

また別の動画から終了画面をコピーして要素を編集する「終了画面のインポート機能」もあるので、終了画面が決まっている場合は、こちらのほうが便利かもしれません。

終了画面のインポート

配置用のテンプレートも用意されている

配置用のテンプレートも用意されている

「終了画面」でなにをどこに配置すればいいのかわからないという人のために「配置のテンプレート」が用意されています。

これからも改善が続く

YouTubeのヘルプには以下のような注意事項が掲載されています。

注: 終了画面は、動画の最後に視聴者に強い印象を与えるためのものです。YouTube では、このシステムを発展させながら、パフォーマンス、視聴者の行動、使用端末、コンテキストに基づいてこの機能を最適化していく予定です。指定したとおりに終了画面が表示されないこともあります。たとえば、動画がバックグラウンド モードで再生されているときには終了画面が表示されなかったり、小さい画面上では終了画面の表示位置が調整されたりする場合があります。そのため、画面上の要素を指し示すことや、動画の一部として重要な要素を終了画面に追加することはおすすめしません。

現在の「終了画面」は完成形ではなく、今後、使用の変更などがありそうですね。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

YouTube

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事