WEBマスターの手帳 > コンテンツマーケティング > 【CMSまとめ】オウンドメディアやWEBサイトを作るのに便利な7つのCMS

コンテンツマーケティング

2016年7月24日

【CMSまとめ】オウンドメディアやWEBサイトを作るのに便利な7つのCMS

【CMSまとめ】オウンドメディアやWEBサイトを作るのに便利な7つのCMS
Twitter 7 Facebook 133 Google+1 はてブ 2 Pocket チャットワーク Eight Feedly

オウンドメディア(企業ブログ)を作りたいと検討している会社も多くなってきていますが、何を使ってオウンドメディアを作るのかは悩みどころですよね。

さすがにCMSをを使わずにHTMLとCSSでブログ記事を作ってFTPでアップロードなんてアナログな方法を検討している会社はいないと思いますが、ブログサービスを企業向けプランで利用するか、それとも自分たちでサーバーを用意してCMSを使って構築するか。

CMSを使うとしても、どのCMSを使うのかなど検討して選ばなければいけないことが多々あります。そこで今回は、数あるCMSの中から7つをピックアップしてご紹介したいと思います。

マイナーなCMSについての個人的な見解は後述しますが、今回はなるべくメジャーなCMS(使っている人が多い、よく耳にする)をピックアップしています。

御社のオウンドメディア(企業ブログ)について教えて下さい

結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...

スポンサードリンク

CMS(シーエムエス)とは

まずCMSとはなんでしょうか?CMSとは、Content Management System(コンテンツ・マネージメント・システム)の略です。

簡単に言うと「WEBサイトのコンテンツ管理システム」です。WEBサイトにあるコンテンツ(文章や画像など)をWEBサイトを作成する知識がなくても管理できるものです。

CMSの利点はHTMLやCSSの知識がなくても、WEBサイトでページを作成・追加することができるので、文字や画像の差し替えなどWEBサイトの更新業務がとても簡単にできます。

それでは、どんなCMSがあるのかを見ていきましょう!

WordPress

WordPress

オープンソース(誰でも使える)のCMSとして、恐らく最も有名なCMSです。世界中で利用されており、プラグインと呼ばれる「拡張機能」が充実しています。

利用者が多いのでググると様々な情報を見つけることができます。逆に利用者が多いので、セキュリティ面で狙われることもあります(MacよりもWindowsの方がウィルスが多いのと同じです)。

費用:無料

WordPress 日本語

a-blog cms

a-blog cms

有限会社 アップルップルが提供しているCMSです。名称の中にblogとあるように「ブログ」を意識して作られたCMSです。日本の会社が提供しているのも魅力ですね。

「ユニット」と呼ばれる枠を追加するのが特徴です。文章を追加したければ「テキスト」のユニットを追加する、画像を入れたければ「画像」のユニットを追加するという仕組みなので、かなり使いやすいですね。

費用:5万円/スタンダードライセンス

a-blog cms

baserCMS

baserCMS

国産CMSとしては一番良いのでは?と思っているCMSです。オープンソースなので誰でも使えますし、テーマ(デザインのテンプレート)もクオリティが高いものが多く、とても充実しています。

ブログ一体型のコーポレートサイトに丁度いいと思います。

費用:無料

baser CMS

XOOPS Cube

XOOPS Cube

コミュニティサイト構築向けのオープンソースCMSです。会員の人だけが閲覧できるページを作ったり、会員が投稿できるような掲示板を設置することができます。

費用:無料

XOOPS Cube日本サイト

Concrete5

Concrete5

直感的にWEBサイトを作ることができるオープンソースのCMSです。日本でも利用者が多く、日本向けのコミュニティやフォーラム(掲示板)があるので、初めての人にも扱いやすいCMSですね。

費用:無料

concrete5 Japan 日本語公式サイト

Movable Type

Movable Type

シックス・アパート株式会社が提供しているCMSです。国内で5万サイト以上で導入されているのは信頼できますね。

本格的にオウンドメディアやWEBサイトを構築したいという企業に向いていますね。

費用:
5,000円〜(月額)/ Movable Type クラウド版
90,000円/Movable Type ソフトウェア版

Movable Type

Joomla!

Joomla!

WordPressと同じく、オープンソースのCMSです。海外では利用者が多いCMSのようです。日本語サポートに対応していないので、誰にとっても使いやすいとは言えないかもしれません。日本語サポート「Joomla! JAPAN」がありました!質問ができるフォーラムもあるので、日本でも普通に使えそうですね。

費用:無料

Joomla!

メジャーでないCMSはなるべく使いたくない

余談ですが、百貨店の催事企画運営会社にいた時に、その会社のWEBサイトが社長の知り合いのWEBサイト製作会社が開発したオリジナルCMSで作られていました。

それがとにかく使いづらくて、UI(ユーザーインターフェース)だけでなく、構築されたWEBサイトの構成もゴチャゴチャ、本気でHTMLとCSSで作り直したほうが楽と思う、CMSとして完全にOUTなCMSでした。

そのCMS自体がメジャーではない(使っている人が少ない)ので、わからないことがあってググっても解答は見つからず、わざわざその製作会社に電話で質問しないとダメという最悪な状態でした。

メジャーではないCMSにはメジャーになっていない理由があるので、安易にCMSだからと何でもOKと選んでしまうと、あとあと面倒なことになると身を持って学びました。

そもそもメジャーなCMSではできなくて、マイナーなCMSにしかできないことは殆どないので、オウンドメディアにしても、WEBサイトにしてもCMSを選ぶ時は、今回紹介した中から選べば「安全」かと思います。

もし他にも「こんな使えるCMSがあるよ」があれば、ぜひ教えて下さい!

この記事をシェアして頂けると嬉しいです

Pocket

この記事に対するあなたの評価をお教え下さい

星印をクリックして5段階評価で、この記事に対する、あなたの評価をお教え下さい。

ヒドイイマイチ普通良い凄く良い
Loading...

Webサイトのターゲット像を明確にする【ペルソナ作成シート】

ペルソナ作成シート

あなたのWebマーケティングをよりレベルアップさせよう!

Webサイトや企業ブログ、SNSであなたが相手にするのはどんな人か?それを明確にするための「ペルソナ作成シート」を無料でプレゼントいたします。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

【CMSまとめ】オウンドメディアやWEBサイトを作るのに便利な7つのCMS
友だち追加

あなたにオススメする記事

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

テックアカデミー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事