WEBマスターの手帳 > コンテンツマーケティング > 動画マーケティング > Twitterに投稿できる動画が最長140秒になった。

Twitterに投稿できる動画が最長140秒になった。

Twitterに投稿できる動画が最長140秒になったぞ。

動画形式のコンテンツが一般化してきましたね。Twitterでも動画投稿をよく目にするようになりました。

Twitterによると2016年の初めと比べてもTwitterでの動画ツイートは50%も増えているそうです。

動画はTwitter上で「今」を共有するために大切な役割を持つようになってきました。今年の始めからと比較しても、動画ツイートは50%も増えています。
引用元:Twitter上での動画の閲覧が新しくなります | Twitter Blogs



Twitterに投稿できる動画が最長140秒(2分20秒)に伸びた

これまでTwitterでは最長30秒までの動画を投稿することができましたが、今後は最長140秒までの動画が投稿できるようです。

これまでツイートに添付できる動画は最長30秒でした。本日より最長140秒までの動画をツイートいただけるようになります。(媒体など特別なパートナーアカウントは、プロ用のツールを利用してこれまで通り最長10分までご利用いただけます。)
引用元:Twitter上での動画の閲覧が新しくなります | Twitter Blogs

140秒(2分20秒)というのは視聴する側としてはちょうどいい長さですね。

動画コンテンツの作り手としては、最長30秒でまとめるのは難しかったことも、140秒もあれば可能になることも多いのではないでしょうか。2分20秒でいかに簡潔に分かりやすく、伝わりやすくつくるかが勝負どころですね。

Vineも最長140秒までの動画に対応するということですので、動画共有プラットフォームの選択肢がYouTube以外にもどんどん広がっていきそうですね。

関連用語:

この記事をシェアして頂けると嬉しいです


Webサイトのターゲット像を明確にする【ペルソナ作成シート】

ペルソナ作成シート

あなたのWebマーケティングをよりレベルアップさせよう!

Webサイトや企業ブログ、SNSであなたが相手にするのはどんな人か?それを明確にするための「ペルソナ作成シート」を無料でプレゼントいたします。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

あなたにオススメする記事

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事一覧

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事