WEBマスターの手帳 > Twitterの140文字制限が緩和&自分のツイートもリツイートできるようになる!

Twitterの140文字制限が緩和&自分のツイートもリツイートできるようになる!

Twitterの140文字制限が緩和&自分のツイートもリツイートできるようになる!

140文字という制限のなかでいかに文章を作るか。個人的には楽しいひと時なのですが、Twitterが140文字制限を緩和するとの発表がありました。

140文字の対象となっていた@ユーザー名や写真や動画などの添付、引用ツイートの引用が140文字の対象から外れるようです。



140文字でもっと伝えやすくなる

これまで140文字の対象となっていた(カウントされていた)「@ユーザー名」や「写真」「動画」「投票」「引用ツイート」などが140文字の対象外となりカウントされなくなるそうです。

昔に比べるとツイートでいろいろなことができるようになってはきましたが、さらにもう少し便利にしたいと思います。そこで、これから数ヶ月の間に、140文字の数え方に少し変更を加えます。返信ツイートの@ユーザー名や、写真や動画、GIFや投票などの添付物は140文字に含まれないようになります。
引用元:今後の予定:140文字をより活用できるように | Twitter Blogs

これまでは本文以外に文字数を奪われていましたが、今後は、メッセージ(コメントなどのテキスト)に140文字を使えるようになるので、より伝えやすくなりそうです。

表現方法の幅も広がるかもしれませんね。

自分自身のツイートをリツイートできるようになる

また自分のツイートをリツイートしたり、引用ツイートすることができるようになるそうです。

自分のツイートにもリツイートボタンを表示します。これで、自分のツイートのリツイートや引用も簡単に行えるようになります。
引用元:今後の予定:140文字をより活用できるように | Twitter Blogs

自分のつぶやきをリツイートする機会がどれほどあるのか、どんな場面で使えるのかいまいちピンときていませんが、実装されるからにはそれだけの理由があるはずなので、今後のTwitterの変化を楽しみにしていたいと思います。

関連用語:

この記事をシェアして頂けると嬉しいです


【オンライン講座】会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

企業が集客や売り上げUPに役立つためのFacebook、Twitter、Instagram、YouTube、企業ブログなどSNS(ソーシャルメディア)を活用するために必要や知識や理解を徹底解説!

企業ブログ(オウンドメディア)の重点解説も付いているので、SNS活用の初心者だけでなく、ビジネスでブログを活用したい!という方にもオススメの講座です!

あなたにオススメする記事

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事を書いた人

遠藤 聡

中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を承っております。
無料のメール相談も受け付けております。詳細は無料メール相談ページをご覧ください。

コメント

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事

寄稿記事

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事