動画で学ぶ【SEO対策 入門講座】Google検索で上位表示するための基礎コース|Udemy

Macのメールアプリを乗り換えるのに次はどれが良いのか検討した【2015年冬】

この記事は、最後の更新が【2016年2月21日】のため、記事の内容が古くなっている可能性があります。

最新の記事や関連記事をお探しの方は「サイト内検索」をしてみてください。

Macを使っている方、メールアプリは何を使っていますか?メールアプリも色々とあるので、人それぞれ愛用しているアプリがあると思います。

自分は「Sparrow」を使っているのですが、他のアプリに変えようかなと思い、改めてメールアプリを調べてみました。

今まで愛用してきた「Sparrow」

Sparrow

「Sparrow」は、メールがとても見やすい(Readerのよう)ので今まで愛用をしてきました。ですが、2012年にGoogleに買収され、その後、Googleが開発を止めたので、いずれは別アプリへの乗り換えが必要だなと思っていました。

受信メールの自動フォルダ振り分けができないことに、個人的な不便さを感じていました。そこに受信メールの文字化けが立て続けに起こったので、年内いっぱいで別アプリへ乗り換えを決めました。

sparrow

ちなみにiPhoneのメールアプリは「Sparrow」を使っていますが、こちらも乗り換えが必要かなと思っています。。

乗り換え先となる「Airmail 2」

Airmail 2

乗り換え先として色々とメールアプリを調べていたら「Airmail 2」がいいらしいとのことで、早速、ベータ版を使ってみました。

インターフェイスは「Sparrow」と近くて、メールも読みやすいです。複数アカウントを追加することもできますし、Google DriveやEvernote、Dropboxと連携させることも簡単です。

通知設定もできるのでありがたいです。

airmail2の画面

また受信メールの自動振り分け(ルール)が設定できるので、自分としては理想的なメールアプりです。 airmail2でルール設定

Airmail 2.5
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: ¥1,200

一瞬、頭をよぎった「Thunderbird」

Thunderbird

WEBブラウザのFireFoxを使っている方は「Thunderbird」を使っているという方も多いと思います。自分も以前は「Thunderbird」を愛用していました。

受信メールの自動フォルダ振り分けもできるし、メールのテンプレートを作ることもできたりと便利で良かったのですが、開発元のMozillaが積極的に開発をしなくなってしまったりということもあり、新しいもの好きということもあり、Sparrowへ乗り換えました。

最近では「MozillaがメールクライアントThunderbirdを完全に切り離し、Firefoxの再活性化に全精力を傾注へ | TechCrunch Japan」というニュースもあったので、今後のことを考えると「Sparrow」の二の舞になってしまいそうかなと思っています。

【結論】Airmail 2に乗り換える

そんなわけでAirmail 2に年明けから乗り換える予定です。年内はSparrowをメインに、Airmail 2で「署名」や「ルール(受信メールの自動フォルダ分け)」などをちょこちょこやりつつサブ的に使おうと思っています。