WEBマスターの手帳 > ソーシャルメディアマーケティング > ソーシャルメディア運営では「職場でFacebookが開けない」人たちがいることを忘れないで。

ソーシャルメディアマーケティング

2015年8月9日

ソーシャルメディア運営では「職場でFacebookが開けない」人たちがいることを忘れないで。

Twitter 1 Facebook Google+ はてブ 1 Pocket チャットワーク Eight Feedly

ソーシャルメディアが普及し、スマートフォンも普及し、誰でもどこでもソーシャルメディアにアクセスできるようになりました。

それと同時に企業側もFacebookページやTwitterに企業アカウントを開設し、運営する必要性が出てきて久しいですが、ターゲット層が会社員である場合には1つ忘れてはいけないポイントがあります。

スポンサードリンク

社内のパソコンでソーシャルメディアを閲覧できない

ソーシャルメディアが普及したとはいえ、会社にあるPCは閲覧制限がかかっていてFacebookが開けない、Twitterが開けないという会社はまだまだ多いです。

仮にシステム的に制限がかかっていなかったとしても、仕事中に堂々とFacebookやTwitterを見ていて怒られないのは、ソーシャルメディア担当者やWEB担当者ぐらいでしょう。

つまり企業のソーシャルメディア担当者は、このことを十分に考慮して投稿をしなければなりません。また企業のWEBの取り組みとして、ソーシャルメディアしか使わないというのは、機会損失を生んでしまいます。

企業ブログはギリギリセーフ?

会社のパソコンでソーシャルメディアには接続できなかったとしても、Google検索やYahoo検索などはどうでしょうか?これはできるという会社が多いはずです。

つまりWEBサイトやオウンドメディア、企業ブログなどは閲覧することができるわけです。

会社のパソコンでFacebbokやTwitterを閲覧することができない。これはソーシャルメディアを本店とせずに、WEBサイトを本店にし、FacebookやTwitterなどは出張所として活用しておくべき理由の1つです。

冒頭に書いた通り、今はスマートフォンが普及していますので、仕事時間中でもFacebookやTwitterを使っている人もいると思いますが、職場という環境下では、WEBを開く時は「検索」しかできないという人たちがいることをお忘れなく。

この記事をシェアして頂けると嬉しいです

LINEで送る
Pocket

この記事に対するあなたの評価をお教え下さい

星印をクリックして5段階評価で、この記事に対する、あなたの評価をお教え下さい。

ヒドイイマイチ普通良い凄く良い
Loading...

Webサイトのターゲット像を明確にする【ペルソナ作成シート】

ペルソナ作成シート

あなたのWebマーケティングをよりレベルアップさせよう!

Webサイトや企業ブログ、SNSであなたが相手にするのはどんな人か?それを明確にするための「ペルソナ作成シート」を無料でプレゼントいたします。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

友だち追加

あなたにオススメする記事

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

Webマーケティングスキルを習得するならテックアカデミー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事