【SEO対策 入門講座】Google検索で上位表示するための基礎コース by Udemy

あなたのWEBサイトは冷たい奴になっていませんか?「アクセシビリティ」について考えよう

高齢の方、障害を持つ方もユーザーですよ

どうしても自分自身が五体満足だったり、身近にそういった人がいないと抜けてしまうのが「アクセシビリティ」です。

WEBサイトを見る方法は画面(視覚的)だけではないですよね。
※だからこそ、自分は見た目にこだわりすぎるな!そんなものは優先順位が低いと主張しています。

アクセシビリティとは?

アクセシビリティとは、高齢の方や障害を持つ方などを含む、できるかぎり多くの人々が使えるかどうか、もしくは使いやすいかどうかを意味します。
ユーザビリティとアクセシビリティ : 富士通

WEBサイトに来てくれた人が、どんな人、どんな状態であっても必要な情報を得ることができなければなりません。

車いす用の移動手段がある。点字の表示がある。など公共な場でよく問われるアクセシビリティですが、 これだけWEBが生活に密着しているのですから、WEBサイトでも必要な要素なはずです。

アクセシビリティがないと「人によって情報を得られるか得られないか」という情報格差が生まれてしまいます。

そんなことが起こらないようにもWEBサイトに来てくれた全ての人が情報を得られるWEBサイトを目指す必要があります。

ユーザビリティとアクセシビリティ

ユーザビリティとアクセシビリティの違いはなんでしょうか?
使いやすさ。それがWEBサイトの命綱。にも書きましたが、ユーザビリティとは「使いやすさ」「分かりやすさ」です。

それに対してアクセシビリティとは「使えるか」「使えないか」です。
どれだけユーザビリティが高いとしても、WEBサイトを使うことができるひとが制限されていたのでは意味がなくなってしまいます。

フルFlash?画像だけのサイト?根本的にダメでしょう

フルFlashや画像だけのサイトは、SEO的にダメだとよく言われます。
それは当たり前なのですが、それよりも前にアクセシビリティ的にレッドカードではないでしょうか?

視覚障害の方が、どのようにWEBサイトを見ているかご存知ですか?
音声ブラウザなどを使い、パソコンから発声される音声を聞きながらパソコン操作を行います。

Webサイトを合成音声で読み上げる、主に視覚障害者の為に開発されたソフトウェア。画像のaltが設定されていれば文章だけでなく、画像の説明も読み上げてくれる。
音声ブラウザ とは – コトバンク


↓視覚障害のある方がホームページを閲覧していて困ることのインタビュー動画(作成:NPO法人しゃらく)

画像にaltタグを入れるのはSEOのためだけじゃない!

SEOで画像にaltタグは必ず入れましょう。と言われています。(自分も言っています)
でもなぜaltタグがSEOで必要なのか考えたことはありますか?

Google検索ロボットもテキストを読んでいるからというのは当然ですし、音声ブラウザもテキストを読んでいるので、テキストが無ければ「そこには何も無い」ことになります。

それに加えて個人的な見解ですが、 Goolgeも「どんな人にとっても価値あるサービス」を目指しているはずで、当然アクセシビリティのことを考えているはずです。
Googleにとってのコンテンツとは、検索結果に表示される各WEBサイトだと考えれば、良質なコンテンツの条件としてアクセシビリティが入っていてもおかしくないと考えています。

※altタグとは「代替えテキスト」です。画像が表示されない場合に代わりに表示する文章です。(画像にテキスト情報を付け加えるものです)

高齢者の方にも使えるか?

例えば文字が小さくて読めない。
操作が複雑でわからない。
クリックできる範囲が狭い。
など高齢者の方がWEBサイトを訪問しても問題がないかどうか。これも非常に重要です。

動画で学ぶWebアクセシビリティ Open Accessibility Library Project

ページ右下のメニュー>動画一覧に様々な方のインタビュー動画が掲載されています。

できる範囲で最善を尽くそう

確かにアクセシビリティもユーザビリティも完璧にやるのは難しいでしょう。
ですが、完璧にできないからやらなくていいという話ではありません。
CSR(企業の社会的責任)としても、できるだけ対応していくように心がけましょう。

参考記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA