総受講生 1,2486名超え! Webマーケティングを学ぶオンライン講座

BtoC

BtoCとは

BtoC」とは、Business to Consumer(ビジネストゥコンシューマー)もしくはBusiness to Customer(ビジネストゥカスタマー)を略した言葉で、企業と一般消費者との取引を指します。B2Cと表記する場合もあります。

一般的な、企業が直接、一般消費者に対して商品やサービスを販売・提供する形での取引がBtoC取引と言えます。

店頭での買い物や、飲食店での食事、理美容店でのサービスというのも、企業に対して一般消費者が代金を払うというBtoC取引の代表的なものです。

BtoC取引は、企業間取引であるBtoBと比べ、購入を検討してから購入するまでの期間が短いという特徴があります。

BtoBは見積もりを取ったり吟味を行ったりする上、社内の承認を得る必要もありますが、BtoCの場合はおおむね本人のみの意思、家や車など大きな買い物の場合でも家族間の検討のみで購入までの手続きが行われます。

またBtoCでは、購入が感覚的、感情的なものであることも多く、デザインやCMに起用された芸能人なども購入のための重要な材料になるため、感情や感覚にもアプローチできるマーケティングが必要になります。

BtoCに関連のある記事