初心者向けにWordPressの使い方やトラブル対応を解説したオンライン講座の提供を開始しました!

【解説】ペライチでVimeoの動画を埋め込む(貼り付ける)方法

【解説】ペライチでVimeoの動画を埋め込む(貼り付ける)方法

こんにちは。ペライチ東京代表サポーターの遠藤(@Satoshi_Endo_jp)です。今回は、ペライチVimeoの動画を埋め込む方法を解説します。

とはいっても、Vimeoにアップロードをした動画URLを貼り付けるだけなのですが、うまく貼り付けられないときがあったので、解消法も紹介します。

ペライチでVimeoの動画を貼り付ける方法

まず初歩的なところから、ペライチでVimeoの動画を表示させる(貼り付ける)方法です。

ペライチの「画像/動画」から「動画」ブロックを追加します。

ペライチで動画のブロックを追加する

「動画の埋め込み」の設定画面が表示されるので、埋め込みたいVimeoの動画URLを入力して「動画を更新する」をクリックします。

Vimeoの動画URLを入力する

Vimeoの動画URLがわからない方は、Vimeoでアップロードをした動画の「共有」を開くと「リンク」として動画のURLが表示されますので、このURLをコピペしましょう。

Vimeoで動画のURLをコピペする

ペライチでVimeoの動画URLを入力して「動画を更新する」をクリックすると、画面下のプレビューが、貼り付けたい動画に変わります。

ペライチで動画のプレビューが更新される

プレビューに貼り付けたい動画が表示されたら「保存」をクリックすれば、ページに埋め込まれます。

Vimeoで動画の公開範囲は「Vimeoで非表示にす」がオススメ

ペライチにVimeoにアップロードした動画を貼り付けるときに、動画の公開範囲(プライバシー)は、どうしたらいいの?と疑問をもたれる方もいらっしゃると思います。

Vimeoの動画を貼り付けたページを閲覧した人が誰でも、その動画を視聴できるようにしたいときは、次の3つのどれかに設定をしましょう。

  • 非公開
  • Vimeoで非表示にする
  • 一般公開

Vimeo上では視聴できないようにして、ペライチのページでだけ視聴できるようにする場合は「Vimeoで非表示にする」が適しています。

Vimeoで公開範囲を「Vimeoで非表示にする」を選ぶ

もちろん、Vimeo上でも視聴できてもOKという場合は「一般公開」で問題ありません。

パスワードを知っている人だけが視聴できるようにしたいときは「パスワード」に設定しましょう。

Vimeoの動画URLを入力しても、更新できないときの解消法

ペライチで動画のURLを入力して、更新をクリックしたけど、動画が更新されない!というときは、Vimeoの「埋め込み用のURL」で試してみてください。

Vimeoで動画の「埋め込み」をクリックすると、動画の埋め込み用のコードが表示されます。この中に書かれている「https://player.vimeo.com/video/数字」をコピペして、ペライチで入力します。

Vimeoの埋め込みコードから動画のURLをコピペする

通常の動画URL「https://vimeo.com/数字」で、うまくできないときは、このやり方を試してみてください。