コンテンツの質が上がる!校正・校閲、推敲ツールの「文賢」は超オススメ!【記事を読む】

マスクを付けていてもiPhoneの顔認証(Face ID)を解除できる!設定方法を紹介!

マスクを付けていてもiPhoneの顔認証(Face ID)を解除できる!設定方法を紹介!

こんにちは。遠藤(@webmaster_note)です。iPhoneのロックを解除するのに「Face ID(顔認証)」を使っている人に朗報です!

マスクをつけていてもiPhoneのFace IDを解除できるようになりました!その方法をご紹介します。

マスクを付けたままFace IDを解除できるようにする方法

マスクを付けたままFace IDを解除できるようにするには、マスクを半分に折って、顔にあてた状態でFace IDを登録します

まずは、iPhoneの「設定」を開いて「Face IDとパスコード」を選択します。

FaceIDとパスコード

次に「もう一つの容姿をセットアップ」を使います。

説明にも書かれているとおり、Face IDを繰り返し使うことで容貌や外見を学習しているようです。「もう一つの容姿をセットアップ」することで、その学習を進めることができるのでしょう。

では「もう一つの容姿をセットアップ」をタップします。

もう一つの容姿をセットアップ

「Face ID」の設定画面が表示されるので「開始」をタップします。このとき、開始をタップする前に、マスクを半分に折って、顔に当てておくと、そのあとの設定がスムーズにいきます。

FaceIDの設定を開始する

カメラが起動してFace IDの設定が始まります。

マスクを顔に当てたままの状態ででFace IDを登録

マスクを顔に半分、当てたままの状態でFace IDを登録しましょう。「顔の認識が妨げられています」と表示されますが、無視して、顔を左右上下に動かしていきましょう。

マスクを顔に当てたままの状態ででFace IDを登録していく

Face IDが設定されれば完了です。

Face IDの設定が完了

マスクの持ち方などで、1回では、うまく設定できない場合もあるようですが、なんどかやっているうちに、設定できます。

顔認証ロックが解除されるか試してみよう

Face IDの設定ができたら、普通にマスクをつけて、iPhoneの顔認証のロックが解除されるか試してみましょう。

顔認証のロックが解除できなかったときは、しつこくマスクをつけた状態で顔認証のロックを外そうとする(パスコードでロックを解除する)と、急にロックが解除されるようになります。

結局は、Face IDが、マスクをつけた状態の顔を、あなたの顔として認識すれば、ロックが解除されるようになるということのようです。

すでに「もう一つの容姿をセットアップ」している人で、改めて登録したい場合は、一度「Face IDをリセット」して、登録をしなおしましょう。

FaceIDのリセット

これで、iPhoneの顔認証をするたびに、マスクを下にずらすという、めんどくささから解放されますね。

マスクをつけたままでも顔認証のロックが解除できるのは、本当に快適です!