コンテンツの質が上がる!校正・校閲、推敲ツールの「文賢」は超オススメ!【記事を読む】

【Photshop】文字に2重の縁どり枠(境界線)をつける方法

【Photshop】文字に2重の縁どり枠(線)をつける方法

こんにちは。遠藤(@webmaster_note)です。今回はPhotoshop(フォトショップ)を使って、文字(テキスト)に縁どり枠(線)をつける方法です。

文字に縁どり枠(境界線)をつけるのは、Photoshopの操作では初歩の初歩です。

今回は、ただ縁どり枠を付けるだけではなく、縁どり枠を2重にする方法を紹介します。

Photoshopで文字に2重の縁どり枠をつける方法

文字に2重の縁どり枠をつける方法がわかると、↓のようなテキスト画像を作ることができます。

テキストに2重の縁取り線をつける

「WEBマスターの手帳」という黒文字に、白と水色の縁どり枠が付いています。

文字に縁どり枠を追加する

それでは、縁取り枠をつける手順です。まずはPhotoshopを起動させて、テキストを追加しましょう。

Photoshopでテキストを追加する

次に、追加テキストのレイヤーを選択してから、画面右下の「fx」をクリックします。クリックするとレイヤースタイルの選択肢が表示されるので「境界線」をクリックします。

レイヤースタイルから境界線を選択する

レイヤースタイルの設定画面が「境界線」にチェックが入った状態で表示されます。画面中央が「境界線」の設定画面です。

Photoshopの境界線

ここで、テキストに追加する縁どり枠の太さや色を設定します。

「位置」は「外側」にすると、文字の外側に縁どり枠が追加されます。「内側」にすると、境界線を太くすると、文字がつぶれてしまいます。

Photoshopの境界線の太さと色を決める

太さと色を決めたら、右上の「OK」をクリックしましょう。

この時点で、文字に↓のように、水色の縁どり枠(境界線)が追加されました。

文字に境界線が追加

文字に2重の縁どり枠を追加する

水色の縁どり枠が付いたので、さらに水色と黒文字の間に白い縁どり枠を追加していきます。

レイヤーで文字を選択をして、先程の「レイヤースタイル」を開きます。

「レイヤースタイル」の画面の左下にある「fx」をクリックします。そうすると、レイヤースタイルを追加することができます。「境界線」をクリックしましょう。

Photoshopで文字に2重の縁どり枠をつける

こうすると、先ほどまでは1つだった「境界線」が2つになります。

Photoshopで境界線を増やす

縦に並んでいる「境界線」のうち、上が新たに追加した「境界線」です。上にあるものが、レイヤーの上になります。(文字に近い縁どり枠になる)

今回は、縁どり枠は白に設定します。縁どり枠の「位置」は「外側」にしておきましょう。

追加した境界線の設定をする

次に、最初に追加した水色の縁どり枠の太さを太くします。太くしないと、白い縁どり枠と太さが同じで、上に表示されるので白枠で水色が見えません。

白の縁どり枠よりも太くしましょう。

外側の縁どり枠を太くする

設定が終わったら、画面右上の「OK」をクリックします。

これで、文字に2重の縁どり枠が追加できました。

文字に2重の縁どり枠をつける

レイヤーを確認すると「境界線」が2つ表示されています。

文字に2重の縁どり枠が追加できた

境界線を追加する方法がオススメ

Photoshopで、文字に2重の縁どり枠をつける方法として、レイヤースタイルの「光彩」で「不透明度」と「スプレッド」を100%にして縁どり枠を作る方法もありますが、それよりも、今回、紹介をした「境界線」を追加する方が最適だと思います。

「境界線」を追加する方法なら、「境界線」を、さらに追加すれば、3重の縁どり枠を作ることもできます。