動画で学ぶ【SEO対策 入門講座】Google検索で上位表示するための基礎コース|Udemy

Twitterのライブ配信「Periscope」で視聴者がゲストとして参加できるようになった!

Twitterのライブ配信「Periscope」で視聴者がゲストとして参加できるようになった!

Twitterでライブ配信をするときに使う「Periscope(ペリスコープ)」に新しい機能が追加されました。

Periscopeのライブ配信で、視聴者をゲストとして、ライブ配信に参加してもらえるようになりました。

FacebookライブやInstagramライブでは、すでにライブ配信に視聴者やゲストを招待することができます。Periscopeも追いついたということですね。

Periscopeで視聴者を配信に招待できる

Periscopeで視聴者を配信に招待できる

ライブ配信に視聴者をゲストとして、参加をすると、参加した人のアバターが表示されて音声が、ライブ配信にのるということのようです。

ゲストも、スマートフォンのカメラを起動して、映像を送る必要がないのは、ライブ配信に参加しやすくて、よさそうですね。

Go Live, Together

出典元:Go Live, Together – Periscope – Medium

Starting today, you can go live with guests, and invite anyone in your audience to join your broadcast. Your chosen guests can be heard by everyone and can drop off at any time. Broadcasters can still read and respond to chats, but things get more interesting when multiple people can have a conversation together and share it with the world.

Go Live, Together – Periscope – Medium

ライブ配信に視聴者を招待する方法

Periscopeのライブ配信で、視聴者をゲストとして配信に招待するには、ライブ配信を開始する前にゲストを招待できるように設定をする必要があります。

Periscopeでライブ配信を始めるときに、画面下にある「顔アイコン」をタップして「ゲストを許可する」をオンにしましょう。

Periscopeでゲストの参加を許可する

あとは、いつも通りにライブ配信を始めます。

視聴者をゲストに招待するには配信中に、先ほどの「顔アイコン」をタップすると、視聴者の一覧が表示されるので、招待したい視聴者の横にある「+」をタップするだけです。

Periscopeのヘルプページによると、視聴者側から「参加を申請する」こともできるようです。

手順としては、参加したいライブ配信に表示されている「顔アイコン」をタップして「参加を依頼する」をタップして、配信者が証人をすれば、参加できるようです。

参考 How does going live together work? Periscope Help Center