Google検索で上位表示するための基礎コース【SEO対策 入門講座】by Udemy

WEBマスターの手帳にチャットワークの公式シェアボタンを実装しました。

WEBマスターの手帳にチャットワークのシェアボタンを実装しました

WEBマスターの手帳を読んでくださっている方の中には、チャットワークを使っているという方もいらっしゃると思います。

実際にWEBマスターの手帳への「流入元」を見てみるとチャットワーク経由でアクセスをしてくださっている方が結構いらっしゃいます。

おそらく、チャットワーク内で参考記事として記事のURLをコピペしていただいているのだと思います。せっかくチャットワークでシェアして頂いているので、チャットワークのシェアボタンは早めに実装したいなと思っていました。

チャットワークの公式シェアボタンを導入

チャットワークの公式シェアボタン

チャットワークの公式シェアボタンは、2016年4月に一般公開されていたので、なるべく早く実装したかったのですが、いろいろとあって8月になってしまいました。

スピードが命であるWEBの世界で3ヶ月もかかってしまったのは、個人的に大きな問題であり、優先順位の高い課題です。

参考:「チャットワークでシェア」ボタンで 気になった記事をすぐ共有 | ChatWorkブログ

WEBマスターの手帳では、各記事に表示しているシェアボタンの中にチャットワークのシェアボタンを入れました。ただWEBマスターの手帳では日本語URLを使っているのですが、日本語URLのエンコードが機能していないようで、シェアボタンを使っても完璧な記事URLにはなりません。

チャットワークの方で、この記事を読まれたらぜひ解決策を教えて下さい!

この記事を公開後に自力で解決できました!

解決!チャットワークのシェアボタンとEightのシェアボタンで日本語URLの記事がエンコードできなかった件。

シェアボタンを押して、投稿先のチャットを選ぶだけでOK

チャットワークのシェアボタンを使う

チャットワークのシェアボタンを押すと以下のような画面が表示されます。投稿先のチャット(グループチャットなど)を選択して「投稿する」を押せばOKです。

チャットワークの公式シェアボタンの実物↓

記事タイトルやURLが表示されているスペースにコメントなどを書き込むことも可能です。

WEBマスターの手帳では日本語URLの問題があって完璧ではありませんが、もしWEBマスターの手帳の記事をチャットワークでシェアしたいことがあれば、ぜひ使ってみてください!

チャットワークのシェアボタンを実装したい!という方は「チャットワークでシェア | チャットワーク(ChatWork)」をご参照ください。

チャットワークだけでなく社内グループウェアや社内SNSなどからアクセスしてくださっている方もいらっしゃるので、社内グループウェア向けのシェアボタンは便利そうだなーなんて思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA