WEBマスターの手帳 > ソーシャルメディアマーケティング > コミュニティマネージャー > Twitterで企業アカウントを運営するのに使える「Respond」を使ってみた。

Twitterで企業アカウントを運営するのに使える「Respond」を使ってみた。

Twitterで企業アカウントを運営するのに使える「Respond」を使ってみた。

PR

Twitterで企業アカウントを運営している担当者さん、普段、アカウント運営ではどんなツールを使っていますか?

BufferやHootsuiteを使っている方もいるでしょう。特に外部ツールは使わずにTwitterにログインをしているという方もいらっしゃるでしょう。あるいは、自分のように「夜フクロウ」のようなアプリを使っている方もいるでしょう。



Bufferがローンチした「Respond」

Bufferがローンチした「Respond」

RespondはBufferが以前に買収した「Respondly」のサービスをバージョンアップして公開したものです。

Respond by Buffer

Twitterを使ったカスタマーサポートで使える

Twitterでは@アカウントIDをツイートないに入れることで、任意のTwitterアカウントに話しかける「メンション」(Facebookのタグ付けのようなもの)ができます。

Respondはこの「自社アカウント向けのメンション」や「企業名」など特定のキーワードが入ったツイートを読み込んで表示してくれます。

またメンションに対する自分たちの返信など「ツイッター上の会話」が見やすく表示され、それまでの会話(ツイート)もチャット形式で表示されます。

Twitter上でお客様やファン、フォロワーの人たちと「会話」をしたいと考えている企業や、カスタマーサポートととして、自社に関するツイートを漏れなく拾いたい場合に使いやすそうです。

Twitterのみに絞っていることもあり、とてもシンプルで使い方もわかりやすいと思います。

複数人での管理もできる

有料プランになりますが、運営メンバーを追加して「チーム」としてRespondを使うことも可能です。
Respondでメンバー追加

アンケート

Twitterをどのような目的で使っていますか?

結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...

Twitter活用に役立つ記事

この記事をシェアして頂けると嬉しいです


Webサイトのターゲット像を明確にする【ペルソナ作成シート】

ペルソナ作成シート

あなたのWebマーケティングをよりレベルアップさせよう!

Webサイトや企業ブログ、SNSであなたが相手にするのはどんな人か?それを明確にするための「ペルソナ作成シート」を無料でプレゼントいたします。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

あなたにオススメする記事

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事一覧

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事