WEBマスターの手帳 > WEB担当者 > これから始めるサーチコンソール > ウェブマスターツールの検索クエリが「検索アナリティクス」にパワーアップして使い勝手が良くなった。

ウェブマスターツールの検索クエリが「検索アナリティクス」にパワーアップして使い勝手が良くなった。

ウェブマスターツールの「検索クエリ」がパワーアップした「検索アナリティクス(ベータ版)」が一般ユーザーにも公開されましたね。

検索クエリよりも、見やすくなって使い勝手が上がりましたね。またデバイスごとの情報も見やすくて良い感じです。



Google検索でのパフォーマンスをチェックしよう

ウェブマスターツールの検索クエリは、Google検索上のWEBサイトの状態を確認できるツールです。

Googleアナリティクスは、WEBサイトに訪問したユーザーの情報を分析するツールですが、ウェブマスターツール(Google Search Console)の検索クエリはWEBサイトに訪問していないGoogle検索上でのパフォーマンスを把握するツールです。

この検索クエリがリニューアルして「検索アナリティクス」となり、見やすく、使いやすくなりました。

見やすくなった「検索アナリティクス」

ウェブマスターツールの検索クエリ
↑がこれまでの「検索クエリ」

ウェブマスターツールの検索アナリティクス
↑こちらが新しくなった「検索アナリティクス」の画面です。

フィルタリング(クエリ、ページ、国、デバイス、検索タイプなど)や比較(クリック数、表示回数、CTR、検索順位)の設定が、とてもわかりやすくなっていますね。

モバイルを意識した「デバイス」フィルタが追加

「検索アナリティクス」からフィルタに「デバイス」が追加されました。どのユーザーが使っているデバイスが、PCなのかモバイルなのかタブレットなのかを見ることができます。

検索アナリティクスのデバイスフィルタ
デバイス間で比較することもできます。

検索クエリのモバイルフィルタ
「追加された」と書きましたが、検索クエリの時も「モバイルユーザー」の情報を見ることはできました。ですが「検索タイプ」の1つとして扱われていました。

「検索タイプ」に含まれていたフィルタが「デバイス」として、ピックアップされました。

Google検索において「デバイス」の重要性が高まっているのがよくわかりますね。モバイル検索のアップデートもあったので、当たり前といえば当たり前です。

検索タイプと混同しないでね

「デバイス」と「検索タイプ」を混同してしまうかもしれませんが、「デバイス」はGoogle検索をするのに使っている機器を切り口にする場合。

「検索タイプ」はWEBページやWEBサイト検索をしているのか、画像検索、動画検索という「コンテンツの種類」を切り口にする場合です。

フィルタを組み合わせれば「クロス集計」もできますので、まだ見たことがないよという方は色々なデータを見てみると新しい発見があるかもしれません。

まだ「検索アナリティクス」を見ていないという方は、ぜひチェックしてみてください。ウェブマスターツールの検索クエリページへ行くと「新しい検索アナリティクス レポートをお試しください。」という切り替えの案内が表示されているはずです。

この記事をシェアして頂けると嬉しいです


Webサイトのターゲット像を明確にする【ペルソナ作成シート】

ペルソナ作成シート

あなたのWebマーケティングをよりレベルアップさせよう!

Webサイトや企業ブログ、SNSであなたが相手にするのはどんな人か?それを明確にするための「ペルソナ作成シート」を無料でプレゼントいたします。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

あなたにオススメする記事

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事一覧

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事