WEBマスターの手帳 > コンテンツマーケティング > 企業ブログマーケティング > JetPackでGoogle+に自動共有している人は「公開範囲」に気をつけて。

JetPackでGoogle+に自動共有している人は「公開範囲」に気をつけて。

Google+を眺めていたら「WEBマスターの手帳」の投稿が見当たらない。でも、ブログを投稿するときに「JetPack」で自動共有しているはずだぞ。

まさかと思って「WEBマスターの手帳のGoogle+ページ」にログインして確認してみたら、共有範囲に「あなただけに共有」という、見たくない表示がありました。

という訳で、JetPacKからGoogle+ページへの自動共有で公開範囲が「自分だけ」になっていたので、直しました。



公開範囲が「自分だけ」

公開範囲が「あなたとだけ共有に」に

それはないよね。それじゃ意味ないよね。さっさと直そう。

Google+ページで共有範囲を変更する

まずはGoogle+ページの管理画面へ行きましょう。
Google+ページの管理画面を開く

管理画面のメニューにある「設定」を選択します。
Google+ページの設定

Google+ページの設定「アプリとアクテビティを管理」

設定画面が開いたら、少し下へスクロールしましょう。「アプリとアクテビティ」という項目が出てくるので、そこの「アプリとアクテビティを管理」をクリックします。
アプリとアクテビティを管理

「アプリ」を選択

アプリとアクテビティを管理を開くと最初は「Google」のタブが開かれるので、「アプリ」のタブを開きましょう。見事に「閲覧できるユーザー」が「自分だけ」になってますね。
Google+でアプリの共有設定.png

閲覧できるユーザーを「一般公開」に変更する

「南京錠マークに自分だけ」表示の右にある「編集」のリンクを開くと閲覧できるユーザーの変更画面が表示されます。
アプリの投稿を閲覧できるユーザー設定

ここの「自分だけ」になっている所を「一般公開」に変えて、保存をクリックします。
アプリの投稿を一般公開へ変更

これで「閲覧できるユーザー」が一般公開に設定されました。
「閲覧できるユーザー」が一般公開に設定

この設定は前に直した気がしていたんですが「気がしていただけ」だったみたいです。または、一度,JetPackの共有を無効にするとリセットされるとか、プラグインアップデートでリセットされるとか?

なんにしても定期的に確認はした方がいいですね。Google+に限らずね。

FacebookのOGPでGif画像動いてくれるようにならないかなー。Google+だと動いてくれるんだよね。

関連用語:

この記事をシェアして頂けると嬉しいです


【オンライン講座】会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

企業が集客や売り上げUPに役立つためのFacebook、Twitter、Instagram、YouTube、企業ブログなどSNS(ソーシャルメディア)を活用するために必要や知識や理解を徹底解説!

企業ブログ(オウンドメディア)の重点解説も付いているので、SNS活用の初心者だけでなく、ビジネスでブログを活用したい!という方にもオススメの講座です!

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

あなたにオススメする記事

この記事を書いた人

遠藤 聡

中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。
無料のメール相談も受け付けております。詳細は無料メール相談ページをご覧ください。

コメント

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事

寄稿記事

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事