WEBマスターの手帳 > WEB担当者 > YouTubeチャンネルに紐付いているGoogle+ページを変更する方法。

WEB担当者

2015年3月24日

YouTubeチャンネルに紐付いているGoogle+ページを変更する方法。

photo-garrett-chadney-n-142.jpeg
Twitter 1 Facebook Google+ はてブ 1 Pocket チャットワーク Eight Feedly

iBoundを閉鎖して,孤立していたiBoundのYouTubeチャンネルをどうしようかなーと考えた結果。WEBマスターの手帳のGoogle+ページへ紐付けを変更してWEBマスターの手帳のYouTubeチャンネルにしました。

公開した動画データを「外付けHDがいくつあっても足りなくなる!」という理由からバックアップを取っていなかったので、1つ1つ動画をダウンロードして移行すのは結構めんどくさい。なにかいい方法はないものかとYouTubeの設定画面を見ていたら「チャンネルを別のGoogle+プロフィールまたはページに移動」というリンクがあるじゃないですか!

スポンサードリンク

移動先のGoogle+ページでYouTubeチャンネルを作っていなければ出来る

今回、紹介する方法には1つ注意点があります。後述しますが、今回の方法では移行先のGoogle+ページを使って既にYouTubeチャンネルを作っていると移行ができません。(正しくは移行先のYouTubeチャンネルが消えます)

十分にご注意ください。また移行後のYouTubeチャンネルのURLは移行前のURLが引き継がれます。

YouTubeチャンネルに紐付いているGoogle+ページを移行する

それでは移行の方法です。

YouTubeの設定画面を開く

まずはYouTubeの画面右上の「クリエイターツール」ボタンの右横の「YouTube設定」をクリックします。
YouTube設定

詳細設定へ

続いて「詳細設定」のリンクをクリックします。
詳細設定

チャンネルを別のGoogle+プロフィールまたはページに移動

「チャンネルを別のGoogle+プロフィールまたはページに移動」と書かれているリンクをクリックします。
チャンネルを別のGoogle+プロフィールまたはページに移動

YouTubeチャンネルの移動

一番上に現在のYouTubeチャンネルと紐付いているGoogle+ページが表示されています。下には移行先として選択できるGoogle+ページが表示されているので、移行先を選択しましょう。
移行先のGoogle+ページを選択

この時に「既にYouTubeチャンネルが作成されているプロフィール/ページ」よりも下に表示されているGoogle+ページは移行すると移行先に紐付いているYouTubeチャンネルが消えるので要注意です。

今回の自分の場合はYouTubeチャンネルを作成はしていましたが動画を1本も投稿していなかったので問題はありませんでした。

既にYouTubeチャンネルが存在している場合

移行先のGoogle+ページと紐付いているYouTubeチャンネルがすでにある場合は削除が必要になります。
YouTubeチャンネルの削除

チャンネルの移動

チャンネル移動の準備が整ったら「チャンネルを移動」をクリックして移動させましょう。
チャンネルの移動

移動の完了

「移動されました」の表示が出たら「OK」をクリックして完了です。
YouTubeチャンネルの移行完了

YouTubeチャンネルを確認してみるとチャンネル名もカバー画像も綺麗に変わっているはずです。

自分がYouTubeにアップロードした動画のダウンロードの方法

今回は使いませんでしたが、すでにあるYouTubeチャンネルに他のYouTubeチャンネルから動画を移す場合に「自分のYouTubeチャンネルから動画をダウンロードしたい!」という時には以下のページを参考にしてください。

自分の YouTube 動画をダウンロードする – YouTube ヘルプ

※動画データの消失やYouTubeチャンネルの消失について責任は負えませんので全て自己責任でお願いいたします。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

photo-garrett-chadney-n-142.jpeg

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事