動画で学ぶ【SEO対策 入門講座】Google検索で上位表示するための基礎コース|Udemy

もう悩まない!WordPressのカテゴリーとタグの使い方。

WordPressライフ楽しんでいますか?今回はWordpressでビジネスブログ運営をする上で「使い方がよくわからない」「違いがよくわからない」という声をよく聞くカテゴリーとタグに付いて解説します。

WordPressでテキトウにしがちな部分

カテゴリーもタグもブログ記事(投稿)を整理して、構造化するのに役立つ機能です。構造化が最適化されていれば、読者の人も検索エンジンロボットも「どこにどんなコンテンツがあるのか」が理解しやすくなりますね。

カテゴリー

カテゴリーとは各ブログ記事をフォルダ分けするための機能です。

例えば「ノートパソコンについて」のブログの場合に「mac」「windows」「dell」とブログ記事の内容をフォルダ分けすることができます。こうすることでビジネスブログ上でバラバラに記事が散らかることが防げます。

カテゴリーには親子関係を持たせることもできますので、「mac(親)」に対して「imac(子)」「mac book pro(子)」「mac book air(子)」というようにフォルダ内に子フォルダを作ることが出来ます。

カテゴリー分けについては「ビジネスブログのカテゴリーページを侮るなかれ超良質コンテンツの原石だ」で詳しく書いていますので、ご参照ください。

タグ

タグはタグです。笑。フォルダ内に入れた各ブログ記事にタグ(付箋)をつけるイメージです。

各カテゴリーを横断して共通する要素をタグとしてつけておくことで、よりブログ記事が探しやすくなります。

服屋でTシャツ、Yシャツ、ジャケットなどカテゴリー分けされているとして、サイズをS、M、Lとタグで分けているイメージです。タグを色(青、赤、黄色など)で分けることも出来ますが、買う側として重要度が高いのはサイズですよね?サイズは全然合わないけど、青色だから買うというのは、そうそうあることではないでしょう。

重要なキーワードであるかどうか

共通しているからといってカテゴリー名、タグ名を適当につけてしまうのはもったいありません。各記事に共通する重要なキーワードとして。設定しましょう

特にカテゴリー名はSEOでも重要です。パンくずリストが「HOME>◯◯(ブログ記事)」とブログ内にバラまかずに「HOME>mac>imac>Keynoteの使い方(タグ:資料作成ソフト)」などのように階層化させましょう。

なんとなくわかる方もいらっしゃるかもしれませんが、この階層化をWordPressを使わずにHTMLでゼロから作ったWEBサイトだとサーバー内にフォルダを作るところからフォルダ内にデータを入れる、パンくずリストとして表示させるのまで手作業でやらなければいけません。めんどくさすぎますね。