動画で学ぶ【SEO対策 入門講座】Google検索で上位表示するための基礎コース|Udemy

これで解決!WordPressのカテゴリーとタグの使い方【図解あり】

WordPressでブログやオウンドメディアの運営をする上で「使い方がよくわからない」「違いがよくわからない」という声をよく聞くカテゴリータグに付いて解説します。

カテゴリーもタグも適切に使うことで、Webサイト内が整理されて「どこに何があるのかわからない」のない、わかりやすいWebサイトにすることができます。

オフィスや事務所でも、ファイルや書類がとっちらかっているよりも、ちゃんとフォルダ分けをしてあったほうが、探しやすく、わかりやすいですよね。

WordPressのカテゴリーとタグは重要!

カテゴリーもタグもブログ記事(投稿)を整理して、構造化するのに役立つ機能です。構造化が最適化されていれば、読者の人も検索エンジンロボットも「どこにどんなコンテンツがあるのか」が理解しやすくなります。

WordPressのカテゴリーとは

カテゴリーとは各ブログ記事をフォルダ分けするための機能です。

例えば「服」の場合に、それぞれの記事を「トップス」「アウター」「パンツ」とブログ記事の内容をカテゴリー分け(フォルダ分け)することができます。こうすることによって、ブログ内で記事が散らかることを防ぎ、整理することができます。

カテゴリーには親子関係を持たせることもできますので、「トップス(親)」に対して「Yシャツ(子)」「Tシャツ(子)」「フリース(子)」というように、子カテゴリーを作ることが出来ます。

WordPressのカテゴリーとは

WordPressに限らず、いかなるWebサイトでもカテゴリー設計は非常に重要です。それぞれのWebサイトで、どんな内容のページが作られるのか、それらの記事(ページ)をテーマごとに分類するとしたら、どんなカテゴリー(フォルダ)があるかを、しっかりと考えましょう。

カテゴリー分けについては「WordPressのカテゴリーを侮るなかれ!磨けば光る良質コンテンツの原石だぞ!」で詳しく書いていますので、ご参照ください。

WordPressのタグとは

タグは、カテゴリー内に入れたブログ記事にタグ(付箋)をつけるイメージです。各カテゴリーを横断して共通する要素をタグとしてつけておくことで、よりブログ記事が探しやすくなります。

服屋を想像してください。棚に並んだ服は、トップス、アウター、パンツなどのカテゴリーごとに並んでいます。そして、「サイズ(S、M、L)」のタグがついていますよね。

このように、タグは、カテゴリーに関係なく、それぞれに共通する分類です。

WordPressのタグとは

カテゴリー名とタグ名も重要

カテゴリー名、タグ名を適当につけてしまうのは避けましょう。カテゴリーには、それぞれカテゴリーページが作られます。そしてカテゴリー名がカテゴリーページのページタイトルになるので、テキトウにつけるのではなく重要なキーワードとして、命名するようにしましょう

また、カテゴリー名はSEOの内部対策でも重要です。カテゴリーはパンくずリストで使われることが多く、そのため内部リンクの対象となります。とブログ内にバラまかずに「HOME>トップス>Yシャツの使い方」などのように階層化させましょう。

ただし、キーワードを重視するあまり、わかりづらいカテゴリー名にならないように注意してください。もっとも大事なのは、記事が散らかった状態から、整理して、どこにどんな記事があるかをわかりやすくすることです。