WEBマスターの手帳 > WEB担当者 > これから始めるウェブマスターツール > 検索結果の表示最適化に役立つウェブマスターツール【検索のデザイン】

これから始めるウェブマスターツール

2014年7月27日

検索結果の表示最適化に役立つウェブマスターツール【検索のデザイン】

webmastertool-step3.png
Twitter 3 Facebook Google+1 はてブ 4 Pocket チャットワーク Eight Feedly

ウェブマスターツールにWEBサイトを登録が済んだので、ウェブマスターツールのメニュー項目を説明していきたいと思います。上から並んでいる順に説明します。

 

スポンサードリンク

ダッシュボード

ダッシュボード(topページ)では「クローラー」「検索クエリ」「サイトマップ」の3つが把握できるように表示されています。
ウェブマスターツールのダッシュボード

Googleからのメッセージ

「サイトのメッセージ」ではWEBサイトでのエラーやペナルティを受けた場合などにGoogleからメッセージが届きます。正常であれば何も届きません。
サイトのメッセージ 

検索結果をデザインしよう

今回の本題です。ウェブマスターツールでは検索結果の表示をデザインすることができます。具体的には著者のマークアップ(ソースコードに加えること)やパンくずリストなど色々あります。
検索のデザインの概要

検索結果をデザインし最適化することはGoogleに適切にWEBサイト情報を提供することになります。検索結果の表示がより最適化することにより、検索している人に対しても自社のWEBサイトを適切に認知してもらうことにつながります。

構造化データ

「構造化データ」ではマークアップされているアイテム数(ページ数)やエラーの確認ができます。
ウェブマスターツールの検索のデザイン

エラーが出ているという場合はGoogle側が知りたい情報が提供できていない可能性があります。エラー内容に合わせて対処しましょう。

データ ハイライター

データ ハイライターを使えばHTMLでのマークアップをしなくても、GoogleにWEBサイトのデータ情報を伝えることが出来ます。

データ ハイライター サイト内のデータを検索結果で目立たせることができます。

イベント情報やレビュー/評価などの構造化データがサイト内にありますか?
サイトのデータを Google で認識しやすくするため、ウェブマスターのマークアップに代わる新しい方法が登場しました。データ ハイライターを使うと、各データ フィールドをマウスで簡単に「タグ付け」できます。
Google では、もっと人目を引く新しい方法でデータを検索結果に表示できます。

使い方も非常に簡単です。まずはWEBサイトないの典型的なページのURLを入れます。
データ ハイライターの使い方1

設定したページの種類を選びます。
データ ハイライターの使い方2

ウェブマスターツールがデータを読み込んだら、各パーツ(タイトル、著者、日時、カテゴリー、画像など)を選択して、その部分は何の情報なのかを選択します。
データ ハイライターの使い方

選択すると右側にその情報が反映されます。
データ ハイライター使い方3

最初のページの設定が終わると、他のページも設定します。
データ ハイライター使い方4

5ページ分のサンプルを設定することでGoolge側がWEBページ情報の規則性を理解してくれます。
データ ハイライター使い方5

サンプルを設定し終われば完了です。
データ ハイライトの使い方6

HTMLの改善

「HTMLの改善」ではメタデータ(discription)とタイトルタグについて「重複」「長い」「短い」とGoogle側からのアドバイスを受け取ることが出来ます。

インデックスが出来ないコンテンツについても教えてくれます。

HTMLの改善

サイトリンク

「サイトリンク」は検索結果の下に表示されるページリンクのことです。
サイトリンク

サイトリンクに表示される内容はGoogle側で自動化されていますが、WEBサイト側から適切でないページについては要望を出すことが出来ます。
サイトリンク

サイトリンク URL が不適切である場合、または間違っている場合は、その順位を下げることができます。サイトリンクの URL の順位を下げることで、この URL が特定のページのサイトリンク候補として不適切であることを Google に伝えることができます。順位を下げた URL がサイトリンクとして表示されないようになることが保証されるわけではありませんが、この情報は今後のサイトリンク生成の参考とさせていただきます。/引用元:サイトリンク – ウェブマスター ツール ヘルプ

いかがだったでしょうか?まだウェブマスターツールを使っていない方は今回紹介した内容だけみても十分に「使う理由」がお分かり頂けるのではないでしょうか?

【シリーズ】これから始めるウェブマスターツール

  1. WEBサイト管理者必見!これから始めるウェブマスターツール【ウェブマスターツールの魅力】
  2. WEBサイト管理者必見!これから始めるウェブマスターツール【WEBサイトを登録しよう】
  3. WEBサイト管理者必見!これから始めるウェブマスターツール【検索のデザイン】
  4. SEOに有益な情報が得られるウェブマスターツール【検索トラフィック】
  5. WEBサイトのGoogleインデックス状況を把握できるウェブマスターツール【Googleインデックス】
  6. WEBサイトのクロール状況を把握して改善するウェブマスターツール【クロール】
  7. ウェブマスターツールで著者統計を確認しよう【様々な機能】

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

webmastertool-step3.png

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事