Google検索で上位表示するための基礎コース【SEO対策 入門講座】by Udemy

HangOutsonairとツイキャスとUSTREAMと同時配信してわかったこと。

Google+ハングアウトオンエアは以前に何度か経験はあるのですが、 ツイキャス、Ustreamに関しては見たことはあっても、配信したことはありませんでした。

Youtubeライブはチャンネル登録者数が100人にならないと出来ないので、登録者数が100人を超えたらやります。



どうやって同時配信をしているのかなと思っていたのですが、よく考えれば簡単なことでした。なぜだか自分はMacアプリなり、ソフトなり1つのツールでまとめて配信する方法を「どうやるんだろう?」と考えてしまっていました。

各サービスの配信ページを開いて、同時に配信をスタートさせればいいだけです。WEBカメラも1つあればOK(当たり前なことでスイマセン)ネット環境もwi-fiでは厳しいかなと思っていましたが、意外とストレスなく出来ました。

というわけで、同時配信を無事にすることができましたので、そのレビューをしたいと思います。

総合1位はGoogle+ハングアウトオンエア!

同時配信してみた実感としては、映像の質や見ている人、配信後の保存のし易さなどを考えるとGoogle+ハングアウトオンエアが一番良いように思います。

外出先からiPhoneで配信したり、見てくれる人が多い、コミュニティ化しやすそうという点ではツイキャスも魅力的です。 Ustreamは・・・ポジションを見いだせませんでした。

どれでも記録に残すことが出来る

一番の収穫は、どのサービスも映像をアーカイブ(保存)することができました。ググれバカ!といわれそうな話ですが…

特にUstreamはYoutubeと関連づけておけば、UstreamからYoutubeに直接アップロードができるので、Google+ハングアウトオンエアと遜色ありません。(Google+ハングアウトオンエアは配信終了後に自動でYoutubeにアップロードされます)
※Ustreamは「録画」している必要があります。

ツイキャスは映像を一度PCにダウンロードしてからYoutubeにアップロードする手間がかかりますが、Youtubeへのアップロードができます。

コメントのフォローが大変

やってみて一番、大変だなと感じたところは、コメント欄です。
チェックしなければならないコメント欄が3つあるというのは、各画面を工夫して表示させておかないと、見切れません。 ブラウザーのタブを切り替えてでは、たぶん間に合わなくなると思います。

それから、ツイキャスのコメントに対して返答した場合、ツイキャスを見ている人には「何の話をしているのか」がわかりますが、Ustreamで見ている人やGoogleハングアウトオンエアで見ている人には「何の話をしているの?」とわからないので、「こういうコメントがありました」「何の話をしています」といったフォローが必要です。

映像の質の違いランキング

映像の質についてです。音声は特に大きな差は感じませんでしたが、映像には大きな差がありました。
ちなみに自分が使っているマイクはサンワダイレクト WEB会議マイク USBマイク PCマイク 高集音 全指向性&単一指向性 400-MC001です。

1位 Google+ハングアウトオンエア

映像のキレイさが頭1つ飛び抜けています。
他と比べると、相当キレイです。その分、重くなっているようで、たまに固まりました。

2位 Ustream

可もなく不可もなくといったところでしょうか。
Google+ハングアウトオンエアとツイキャスの中間です。

3位 ツイキャス

かなり悪いです。これだけガラパゴス携帯で撮影しているのか?と思うほど映像の質が落ちます。
※今回は完全に同時配信でWEBカメラもマイクも使っているツールは同じです。

見てくれる人の集まりやすさランキング

どうせ配信するのだから、見てくる人が多い方がいいと思います。(自分はただの自己満に近いので人数は気にしてませんが) 活用していくことを考えれば「配信中の閲覧者が多い方がいい」でしょう。

1位 ツイキャス

なぜか見に来てくれる人もコメントをくれる人も他の2つに比べて一番多かったです。 かなりニコ生に近い感じもします。個人レベルで配信するならお勧めです。
ニコ生はやったことがないですが、「荒らし」というか「バカ」が多そうなのでやっていません。 参考記事:秋のポケモン放送局 ツイキャスとニコ生の違い

2位 Ustream

Ustreamは個人がやるには厳しい感じもします。番組を探しづらい気もしますし、資金力がものをいいそうです。
企業でセミナーや説明会等をする際や、NGOなどの団体レベルで配信をするにはいいかもしれません。(ある程度の規模感が必要そう)

3位 Google+ハングアウトオンエア

単純に日本人に広まっていない。 かなり配信前に告知しておくか、Google+のフォロワーがいないとリアルタイムで見てくれる人は少ないです。

同時配信したときの実際の映像

Google+ハングアウトオンエア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA