WEBマスターの手帳 > WEB担当者 > Google+ページを作ったらウェブサイトとの関連づけは絶対にやりましょう。

WEB担当者

2013年8月16日

Google+ページを作ったらウェブサイトとの関連づけは絶対にやりましょう。

Key-Guidelines-to-Inbound-Links.jpg
Twitter 1 Facebook Google+ はてブ 1 Pocket チャットワーク Eight Feedly

スポンサードリンク

Google+ページとウェブサイトを関連づけるメリット

Google+ ページと自分のウェブサイトをリンクすると、次のようなメリットがあります。

・友だちやファン、顧客とやり取りするのに役立ちます。
・Google 検索のキーワードとサイトの関連性を判断するのに役立つ情報を Google に提供します。
・Google+ ダイレクト コネクトを使用できるサイトになります。

【Google 検索のキーワードとサイトの関連性を判断するのに役立つ情報を Google に提供します】
これが一番大きいメリットです。

YoutubeやGoogle+ページと自社のウェブサイトを関連づけることで、Googleライクなメディアになります。

Google+ページとウェブサイトを関連づける方法

まさか関連付けをしていない人はいないと思いますが・・・
一応、関連付けの方法を載せておきます。

関連付けるために必要なこと

  • 自分が管理人になっているウェブサイト
  • 自分が管理人になっているGoogle+ページ
  • ウェブマスターツール

自分が管理人になっているウェブサイトとは?

これはウェブマスターツールに「自分の管理しているウェブサイト」として【サイト登録】が出来ているウェブサイトです。
ウェブマスターツール

Google+ページでリンクをつける

Google+ページでウェブサイトに関連づける

【ウェブサイト】のところに関連づけるウェブサイトのURLを入れます。
※なんの問題もなければ、これだけで完了です。

リンクが承認されるとメールが届きます。また、ページのプロフィールの [基本情報] タブでウェブサイトの横にチェックマークが表示されます。

他にウェブサイトにソースコードを埋め込んで関連づける方法もあります。
詳しくはGoogle+のヘルプページをご参照下さい。

自分のウェブサイトにリンクする – Google+ ヘルプ

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

Key-Guidelines-to-Inbound-Links.jpg

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事