WEBマスターの手帳 > ブログ > 【バンクーバーのうぇぶ屋 ☓ 自分をつくる学校 原尻淳一】のセミナーに行ってきました。

ブログ

2013年6月14日

【バンクーバーのうぇぶ屋 ☓ 自分をつくる学校 原尻淳一】のセミナーに行ってきました。

Twitter 1 Facebook Google+ はてブ Pocket チャットワーク Eight Feedly

かなり久しぶりにセミナーに行ってきました。
最近は自分が話す側だったり、運営する側がほとんどだったので、心地よかった。

参加してきたのは【バンクーバーのうぇぶ屋 ☓ 自分をつくる学校 原尻淳一】  "僕らの生き残りをかけたWEB屋大戦争/生き残りをかけたセルフブランディング術" | PeaTiX

バンクーバーのうぇぶ屋は海外で活動しているWEB屋さんということで、
好きなブログの1つです。

ラッパーライクなセナさんの話は、耳が痛い部分も含めて楽しく聴かせて頂きました。
ありがとうございました。
自分をつくる学校 原尻さんのお話は、自分の仕事への気づきもあり有意義でした。

【バンクーバーのうぇぶ屋 ☓ 自分をつくる学校 原尻淳一】  ”僕らの生き残りをかけたWEB屋大戦争/生き残りをかけたセルフブランディング術”で得たもの

講演の内容を書いても仕方ないので、得たものや気づきなどを書きます。

【まずはセナさんの話から得たもの】

僕らの生き残りをかけたWEB屋大戦争/そして寿司を握れという話 | バンクーバーのうぇぶ屋

自分にしか出来ないことを探す努力

高卒でバカなのに最高に楽しい僕の生き方と守りぬいてきたこと | バンクーバーのうぇぶ屋

全力になれない贅沢者

そして

信じるな疑え byバンクーバーのうぇぶ屋 セナ

最後の「信じるな疑え」という言葉。
よく自分の人生にも出てきます。

最初の出会いは、高校生の頃「現代社会」の先生が力説してて
なぜか頭に残っていて、そこから

疑う。信じるのは自分自身で確かめてからという意志を持ちました。

その後、大学に入り「社会学」を学んでいる時に教授が
「社会学とは疑うことです。この世のすべてを疑ってください」と言われた時に
社会学が自分と相性がいいことに気がつきました。

大学卒業後、疑って自分で確かめてをモットーに生きていましたが、いつの間にかそれを捨てていました。
「常識」や「理論」などすべてを疑うこと、そして自分で確かめること。

今日、いろいろと自分の人生に取り戻せた気がします。
セナさん、ありがとうございました!

【自分をつくる学校 原尻さんの話から得たもの】

自分をつくる学校

ここでコミュニティマネージャーという言葉に会うとは思っていませんでした。
+コンテンツクリエイター。

そして「ブランド」に必要なものも再認識できました。
ここは自分の仕事に活かせる話が多かったです。

お二人の談話を聴きながら・・・

セナさんが上記のブログ記事で叩かれたという話から、
日本の特性である「ムラ社会」というか「世間文化」や「出る杭は打つ」という話を聴きながら、
「プロフェッショナル(上)になればなるほど、下を叩く(潰す)ことをする日本って気持ち悪いな。
どんだけ「さもしい」「器の小さい」人種なんだ」という日々の思いと共感しました。

この批判フェチな怒S国は、どうすりゃいいですかね?

叩く人に限って日頃のアクションがなくて、批判する時だけ出てくる。
なんか。ソーシャルメディアで炎上するときに出てくる野次馬と似てる。笑

それと「2:6:2」の法則を思い出してました。
自分と関わりのある人たち全体の
2割は自分のファン。
6割はどうとも思っていない。
残りの2割はアンチ。

自分に対してアンチな人たちに好かれようとすると、
今、ファンで居てくれている人がアンチに変わる。

だから批判なんか無視していい。
そこにエネルギーを注ぐより、ファンの人たちの為にエネルギーを使った方がいい。

アンチになんて構ってられないでしょう!
っていうか日本の世間体やら価値観にも構っていられないでしょう!
そうそう。今回の講演でも、祖父の言葉「出る杭は打たれるなら出過ぎてやれ!」に会えました。

と、こんな感じで非常に有意義なエネルギーをもらえたセミナーでした。
セナさんと原尻さん、スタッフの皆さんありがとうございました。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事